1. HOME
  2. >
  3. お知らせ
お知らせ
生家記念館・少年山荘
[caption id="attachment_11918" align="alignnone" width="350"] 瀬戸内市立邑久中学校の生徒さんの作品[/caption] 夢二作品をモチーフに描いて和傘風のライトを手づくりします。できあがったアートライトはお持ち帰りいただけます。   日時:8月17日(土)13:30~15:00 会場:夢二郷土美術館 少年山荘(〒701-4214岡山県瀬戸内市邑久町本庄)1階応接室 講師:杉本正章氏(瀬戸内市立邑久中学校教諭) …
教育普及活動
「こども夢二新聞」関連イベント/新聞づくり教室   新聞記者の方から新聞づくりのひけつを教えてもらおう! 無料でご参加いただけます。(※事前のお申込みが必要です。) 新聞づくりのきっかけにぜひご参加ください。 [caption id="attachment_11948" align="alignnone" width="450"] 昨年の新聞づくり教室[/caption] 開催日時:7月27日(土)10:00~12:00 講師:竹内健氏(新聞記者) 会場:夢二郷…
教育普及活動
第9回目となる「こども夢二新聞」を募集します。 岡山県出身で、大正時代を代表する詩人画家、デザイナーなどとしても活躍した「竹久夢二」や「夢二郷土美術館」をテーマとした新聞を作ってみませんか?   1、応募してくださった全員に参加賞をプレゼント!! 2、優秀な作品は美術館で展示し、賞状と賞品を授与します! 3、そして、来年の夢二郷土美術館「こども学芸員」に参加できます! ▶こども学芸員とは?ー詳しくはこちらこちらをご覧ください   同じ岡山…
メディア情報
6月25日発売「オセラNo.100 7-8月号」(株式会社ビザビ)で、夢二郷土美術館 夢二生家記念館・少年山荘をご紹介いただきました。 3月にオープンしたミュージアムショップ&カフェ「椿茶房」でも、カフェメニューの撮影が行われました。   また、民芸の特集ページにも撮影場所としてご協力しております。 その中で「石川硝子工藝舎」様もご紹介されています(66頁)。こちらは偶然にも「椿茶房」の夏の和菓子を提供する際に使わせていただいている器を作られた工房です。   ぜひ…
生家記念館・少年山荘
2019年5月25日(土)から『ぐるり 夢二・刀剣・閑谷学校』コースが運行開始しました。 夢二生家記念館・少年山荘を含む観光地を土日祝限定で巡ります。   ご予約はこちら WEB予約 当日空席があれば予約なしでもご乗車いただけます。   土日祝運行。(※12月25日~1月4日は運休)昼食付きです。 出発地:JR岡山駅(西口) 9時30分発 帰着地:JR岡山駅(西口)16時35分着 (7時間5分) 行程:JR岡山駅(西口)→夢二生家記念館・少年山荘→おかやま…
生家記念館・少年山荘
期間:2019年7月6日(土)~8月7日(水)   夢二生家記念館では、日本の季節の五節句を大切にしていた夢二が七夕飾りをする舞妓を描いた軸装作品《七夕(星によする)》《星のため》など夏を感じるふるさとをテーマにした作品を中心に展示いたします。 また、庭では笹に願いを書いた短冊を飾って夏の情緒を楽しんでいただけます。短冊を書いてくださった方にはオリジナルハガキをプレゼント。   〈夏休み特別企画〉「七夕の催し」関連ワークショップ「夢二デザイン折り紙」 七夕にち…
文化講座
夢二が活躍した時代のファッションについて、講師に長船圭二氏をお迎えしお話しいただきます。貴重なお話が聞けるこの機会にぜひご参加ください。   日時:2019年7月14日(日) 11:00~12:00 講師:長舩(おさふね)圭二 氏(中国デザイン専門学校 ファッションデザイン科長) 会場:夢二郷土美術館 本館 展示室1(岡山市中区浜2丁目1-32) 定員:30名(申込受付順。お早めにお申し込みください。) 参加費:無料(※要入館料)※ゆめびぃ会員は無料です。 &nb…
生家記念館・少年山荘企画展
2019年6月18日(火)~2019年9月1日(日) 開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日 月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)※8月6日(火)~8月18日(日)は休まず開館 竹久夢二のふるさと岡山の邑久(おく)(瀬戸内市)にある「夢二生家記念館・少年山荘」は、生誕135年を記念して2019年3月に、岡山市中区の本館とともに周遊し滞在を楽しむ美術館としてリニューアルいたしました。 夢二が生まれ16歳までを過ごした築約250年の生家は茅葺屋根を葺き替え、…
本館企画展
会期:2019年6月11日(火)~2019年8月24日(土) 休館日 月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日) (8月6日(火)~8月18日(日)は休まず開館) 時代のモード(流行)を映し出すかのように独自の世界観で絵画・デザイン・詩など様々な表現で作品を生み出した竹久夢二(1884-1934)。夢二の描く女性像が明治・大正時代の人々に流行する中、夢二のデザインする日用品や雑誌、書籍は時代に新風を吹かせ、夢二の絵の中の夢二デザインの服装を身にまとった女性は当時の女性の憧れとなりました。…
本館
岡山後楽園と岡山城の「春の幻想庭園」「烏城灯源郷」開催にあわせて、5月3日(金・祝)に「宵の夢二 解説つき貸し切りプレミアムツアー」を開催いたしました。 閉館後の17時から18時まで貸切の展示室で開催中の企画展「NIPPON 夢二旅情」を解説を聞きながらゆっくりとご覧いただきました。 その後、ご希望の方は中庭で当館のお庭番くろねこ「黑の助」とのツーショット写真撮影。他県からの黑の助ファンの方もいらっしゃっていて、黑の助との触れ合いを喜んでいただけました。 多くのお客様にご参加いた…