お知らせ
生家記念館・少年山荘企画展

2019年6月18日(火)~2019年9月1日(日)
開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)※8月6日(火)~8月18日(日)は休まず開館

竹久夢二のふるさと岡山の邑久(おく)(瀬戸内市)にある「夢二生家記念館・少年山荘」は、生誕135年を記念して2019年3月に、岡山市中区の本館とともに周遊し滞在を楽しむ美術館としてリニューアルいたしました。
夢二が生まれ16歳までを過ごした築約250年の生家は茅葺屋根を葺き替え、蔵を改装した展示室では夢二のふるさとをテーマに、季節に合わせて夢二の肉筆作品を展示。企画展「夢二生家の夏」では特別展示《夕涼み》をはじめ、当館所蔵の選りすぐりの作品をゆっくりとご覧いただき、夢二芸術の原点を体感できます。
また、夢二自ら設計したアトリエ兼住居を復元した「少年山荘」では夢二の人生・デザイン・音楽をテーマに作品や遺品、写真などをご紹介、また夢二関連書籍、高精細デジタルアーカイブや体験コーナー、2階では水戸岡鋭治×夢二の「黑の助の部屋」や今につながる夢二をお楽しみいただけます。

 

 

  関連イベント  

【七夕の催し】
会期 2019年7月6日(土)~8月7日(水)
五節句を大切にしていた夢二。生家記念館では、七夕にちなみ七夕飾りをする舞妓を描いた夢二の作品《七夕(星によする)》《星のため》を展示。また、庭では笹に願いを書いた短冊を飾って夏の情緒を楽しんでいただけます。短冊を書いてくださった方にはオリジナルハガキのプレゼントも。

 

【〈夏休み特別企画〉「七夕の催し」関連ワークショップ「夢二デザイン折り紙」】
開催日時:「七夕の催し」開催期間中の土・日・祝日の随時
会場:少年山荘 1階応接室
七夕にちなんで願いをこめた七夕飾りを折り紙で作りませんか。
体験費:無料

 

【〈夏休み特別企画〉「夢二の和傘アートライト」作品展示】
日時:2019年7月20日(土)~9月1日(日)
会場:夢二郷土美術館 夢二生家記念館・少年山荘 (協力:岡山県瀬戸内市立邑久中学校)
夏休み期間中、瀬戸内市立邑久中学校の生徒が夢二の作品をモチーフに制作した「夢二の和傘アートライト」を展示します。

 

【〈夏休み特別企画〉ワークショップ「夢二の和傘アートライトをつくろう」】
日時:2019年8月17日(土)13:30~15:00
講師:杉本正章氏(瀬戸内市立邑久中学校教諭)
対象:小学生以上(大人も参加可。)
定員:15名(申込受付順)
会場:少年山荘 1階応接室
参加費:500円(材料費込、要入館料)
協力:岡山県瀬戸内市立邑久中学校
夢二作品をモチーフに描いて和傘風のライトを手づくりしてお持ち帰りいただけます