1. HOME
  2. >
  3. お知らせ
お知らせ
季節のたより
夢二生家で 7月4日から 夏の催し 七夕 がはじまります。 金や銀、赤や青色の色紙で飾り付けした七夕の笹が そよそよと揺れる夢二生家の庭先 さて短冊に どんな願いをたくしましょうか? 今年も俳句の募集を 行っています。 みなさんの力作を お待ちしています! 詳しくはこちらから。 …
ミュージアムショップ
「ゆめくじ付き ゆめせっと」 1050円 夢二生家で発売中の「ゆめくじ付き ゆめせっと」が 夏のよそおい に 変身しました。 金沢の金箔打紙でできた 高級「あぶらとり紙」が 新たに加わりましたよ♪ 見ているだけで元気になれそうなピンクがかわいい 夢二の りぼんネコ タオルハンカチや どくだみの花をあしらった ブルーの扇子ストラップは 根付けとしてポイントにも 夏祭りや花火大会 浴衣のおでかけに お洒落に活躍しそう。 夢二美人のポストカードで 着物姿の美しさを リサーチしてみては? そして…
art café 夢二
5月8日のCafé 松香 文化講座 では 「ファーストフラッシュを楽しむ紅茶セミナー ~夢二と紅茶の出会い~ と 題し 初の試みとなる、紅茶教室 を開催いたしました。 講師にお招きしたのは、 テーブルコーディネーターとしてご活躍されている原のり子先生。 そしてご覧ください。 この日講座に参加されたみなさまをお迎えした、 ブルーを基調とした爽やかなテーブルコーディネート! 季節の花や葉をあしらうと、落ち着いたなかにも華やかさが生まれます。 菖蒲、青いも…
季節のたより
”まてどくらせど…” と、はじまる「宵待草」(よいまちぐさ)。 竹久夢二の作品の中で もっとも有名なものの一つであるこの詩は 夢二のある夏の思い出から生まれた と伝えられています。 今年も宵待草が 黄色の可愛らしい花を揺らしながら 美術館を訪れるお客さまを お迎えする季節となりました。 宵待草は (学名)オオマツヨイグサ のことです。 夢二が宵待草を詩に詠んだことから 現在では 宵待草の名が 広く知られるようになりました。 夏も近い季節となり、夢二の宵待草たちも 元気に みなさまのお…