1. HOME
  2. >
  3. お知らせ
  4. >
  5. 生家記念館・少年山荘
  6. >
  7. 10/4-12/11 企画展「夢二生家 ふるさとの秋」
お知らせ
生家記念館・少年山荘

夢二生家 ふるさとの秋

 

   

 

 

 

 

会期 2022年10月4日(火)~12月11日(日)
開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)

入館料 600円、中高大学生250円、小学生200円

主催 公益財団法人 両備文化振興財団

 

 企画展「夢二生家 ふるさとの秋」では中国の故事をもとに切ない恋情を表現した《秋の扇》を特別展示するほか、10月下旬からは重陽の節句を祝う菊が茅葺の生家を彩ります。

 竹久夢二が生まれ16歳までを過ごした築約250年の茅葺屋根の「夢二生家記念館」では夢二のこども時代の部屋を公開、また蔵を改装した展示室では夢二のふるさとをテーマに季節に合わせて当館所蔵の夢二の肉筆作品をご覧いただけます。

 夢二自ら設計したアトリエ兼住居を復元した「少年山荘」では人生、デザイン、音楽をテーマに夢二が表紙をデザインしたセノオ楽譜の楽曲を聴きながら鑑賞し、「婦人グラフ」などデザイナーとしての夢二の作品や、夢二の人生を写真や遺品を通してご覧いただけます。

 また夢二デザインの消しゴムはんこを使ったトートバッグ作りなど随時参加できる体験コーナーもお楽しみいただけます。

 

★関連イベント★

 

【第12回「こども夢二新聞」作品展示】

「こども夢二新聞」にご応募いただいた作品の中から優秀作を展示します。

日程:2022年10月16日(日)~10月30日(日)

場所:夢二生家記念館

 

【重陽の催し】

日程:2022年10月下旬~11月中旬

五節句を大切にしていた夢二。生家記念館では菊に長寿を願う重陽の節句を祝い、夢二が秋を描いた作品を特別展示し、庭では地元の方々が丹精込めて育てられた菊花がご覧いただけます。季節を感じられる夢二の作品を、夢二芸術の原点であるふるさとで華やかな菊花とともにご堪能ください。

 

 

【IPU・環太平洋大学ダンス部公演“おもいびと―夢二、その抒情―”】

(第30回全日本高校大学ダンスフェスティバル 特別賞受賞作品)

 

日程:2022年11月6日(日)11:00~11:10

場所:夢二生家前庭

   (雨天の場合予定を変更する可能性がございます。)

予約不要、観覧無料(要入館料)

 

 

 

  • ★体験コーナー(随時)★
  • 【夢二のことばみくじ】

詩人画家、デザイナーとして活躍した夢二のことばとデザインが楽しめる「ことばみくじ」です。

設置場所:夢二生家記念館 言葉の部屋

1回100円(税込)

【なりきり夢二フォトスポット】

夢二風コスチュームで明治、大正時代の夢二さんになりきって写真をとれます!

【夢二消しゴムはんこでつくるオリジナルのハンカチ・ミニトートバッグ】

体験費:ハンカチ330円、ミニトート550円(いずれも税込)

いつでもご予約なしで体験できます。

【夢二色でお手紙を書きませんか】

夢二好みの色のペンや万年筆をお貸し出ししています。

※料金の記載がないものは無料、「夢二のことばみくじ」以外は少年山荘にて

※上記ご案内の内容は状況によって変更する場合がございます。

 

【夢二恋ポスト】

夢二生家記念館と少年山荘を繋ぐ夢二ふるさと公園に設置された「夢二恋ポスト」で、大切な人にお手紙を送ってみませんか。切手付き絵ハガキは、夢二生家記念館内のミュージアムショップ「椿茶房」で購入できます。

 

「夢二恋ポスト」セット

夢二デザインの切手と絵はがき ¥195(税込)

※お好きなエハガキを1枚お選びください。切手はレジでお渡しいたします。

※夢二生家記念館内のミュージアムショップ「椿茶房」でご購入いただいた、切手付き絵ハガキのみ投函可能です。

 

通常のポストとしての投函はできませんのでご了承ください。

 

 

 

 

〈お問い合せ先〉

夢二郷土美術館 夢二生家記念館・少年山荘

〒701-4214 岡山県瀬戸内市邑久町本庄2000-1 

Tel.0869-22-0622

Fax.0869-24-8003

 


次回展覧会

2022年12月13日(火)~2023年2月26日(日)

企画展「夢二生家 ふるさとの冬」