1. HOME
  2. >
  3. お知らせ
  4. >
  5. 本館
お知らせ
ミュージアムショップ
夢二郷土美術館お庭番として任命された黒猫「黑の助」の壁掛けカレンダーです。 お庭番としてお仕事する姿から自然体でのびのびとした姿まで、様々な表情の黑の助をたっぷり12ヵ月お楽しみいただけます。 【サイズ】 (本 体)タテ:210mm × ヨコ:297mm (見開き)タテ:420mm × ヨコ:297mm 【販売価格】1000円(税別) オンラインショップはこちら|夢二郷土美術館ミュージアムショップ …
本館
生家記念館・少年山荘
黑の助のお庭番就任3周年を記念して、12月24日(火)に夢二郷土美術館 本館、夢二生家記念館・少年山荘にご来館の皆様に「黑の助名刺カード」をプレゼントいたします。 また当日黑の助は本館に出勤し、皆様をお出迎えいたします。 [caption id="attachment_12441" align="alignnone" width="500"] 2016年12月24日のお庭番任命式の様子[/caption] ぜひ黑の助に会いにお越しください。…
メディア情報
現在夢二郷土美術館本館で開催中の企画展「生誕135年 竹久夢二展 -幻想の美 秘められた謎-」が10月27日(日)の「日曜美術館」アートシーンで紹介されます。 ぜひご覧ください。 企画展は12月8日(日)までの開催です。詳しくは[本館企画展]をご覧ください。 NHK Eテレ 「日曜美術館」 アートシーン 放送日:2019年10月27日(日)午前9:45~10:00 公式サイトはこちらアートシーン - 日曜美術館 - NHK …
その他
現在夢二郷土美術館本館で開催中の企画展「生誕135年展 竹久夢二展 -幻想の美 秘められた謎-」にあわせて、岡山タカシマヤにて「生誕135年 竹久夢二アートショップ」が期間限定オープンいたします。 当館監修の貴重な復刻木版画が展示販売されます。オリジナルミュージアムグッズもございますのでぜひお越しください。   「生誕135年 竹久夢二アートショップ」 期間:10月24日(木)~28日(月)    10:00~19:00(最終日は16:00まで) 会場:岡山タカシマヤ …
教育普及活動
2019年10月12日(土)に、第9回こども夢二新聞の表彰式を行いました。 応募総数102点の中から厳正なる審査を行い、15作品が表彰されました。 館長賞は小橋利恵さん(高1)で、「リード文も付いていて本格的、クイズ形式もおもしろい」との講評がありました。館長の小嶋光信より賞状と記念品の夢二式美人の木版画をお渡ししました。 (入賞作品は「第9回「こども夢二新聞」受賞者のお知らせ」をご覧ください) 山陽新聞社読者局局長賞の景山聖智希さん(高3)には、山陽新聞社読者局の江草局長より賞状と記念…
本館
生家記念館・少年山荘
2019年10月22日(火・祝)は、即位礼正殿の儀を祝して夢二郷土美術館 本館、夢二郷土美術館 夢二生家記念館・少年山荘にご来館の皆様に当館オリジナルエハガキをプレゼントいたします。   夢二郷土美術館 本館では、「生誕135年 竹久夢二展 幻想の美 秘められた謎」 夢二郷土美術館 夢二生家記念館・少年山荘では、「生誕135年 夢二生家の秋」をそれぞれ開催中です。   だんだんと過ごしやすくなる秋の行楽シーズン、ぜひこの機会に夢二郷土美術館へお出かけください。 …
その他
岡山駅から夢二郷土美術館本館へ直通の「夢二黑の助BUS」は、車両の点検整備のため10月7日(月)~12日(土)の間、運休となります。(期間中は別車両での運行) 何卒ご了承ください。 また、スカイビューバスが10月7日(月)から運行再開いたします。 詳しくは岡電バス|ニュースをご覧ください。 [caption id="attachment_12391" align="alignnone" width="450"] 夢二黑の助BUS[/caption] [caption id="atta…
教育普及活動
第9回目となる夢二郷土美術館主催の「こども夢二新聞」の審査を行い、受賞者を決定、10月5日(土)の山陽新聞朝刊で発表いたしました。 「こども夢二新聞」とは、岡山県出身で大正時代を代表する詩人画家、デザイナーなどとしても活躍した「竹久夢二」や「夢二郷土美術館」をテーマとした新聞を学生の方から募集し、今年で9回目となります。新聞づくり教室に参加してくださった方や、学校の取り組みとしてもご応募いただきました。 9月16日の夢二の生誕日を募集締切とし、102名の方からご応募がありました。最も優秀な作…
ミュージアムショップ
竹久夢二の生誕135年を記念した特別なお酒ができました。 明治11年創業、岡山県倉敷市に蔵を構える菊池酒造とのコラボレーションです。     「岡山の豊かな自然の恵みを、お酒を通じ、美味しい味わいと楽しいひと時としてお届けしたい。」   この願いの実現に向け、菊池酒造が受け継がれた技と精神でたどりついたお酒。 それが「奇跡のりんご」で有名な木村秋則氏の提唱する肥料と農薬を使用しない木村式自然栽培のお米で醸したお酒でした。   &n…
教育普及活動
こんにちは! 私たちは、夢二郷土美術館に職場体験させていただいている芳田中学校二年生です! 私たちは、夢二郷土美術館の魅力について調べました!   目次 1 黑の助  2 幻の地獄 3 港屋 4 中庭     どうぞ、ごゆっくりご覧ください!                     1 黑の助 夢二郷土美術館には、とってもかわいいマスコットキャラクターがいます。 それは…黑の助!!通称黑ちゃん! 黑ちゃんはのんびり屋さんで、いつも…