竹久梦二是大正浪漫时期的代表人物,也是多方面艺术的先驱者。其精致的描绘也被称为日本的洛特雷克。为了纪念竹久梦二诞辰100周年,梦二乡土美术馆于1984年(昭和59年)在冈山县的名胜古迹,后乐园旁边开设了本馆,并且以收藏日本最多的竹久梦二的亲笔作品而骄傲。传达着竹久梦二活跃于大正时期的风情的,以日式和西洋相结合的建筑形式的本馆在2007年版米其林旅行指南里获得一星级评价。建筑完好保存了位于瀬戸内市邑久町的竹久梦二出生的老家。本馆由配有展览室和咖啡厅的「夢二生平之作記念館」和再现了竹久梦二唯一亲自设计的纺织出梦二艺术的画室兼住宅的「少年山荘」而构成。
梦美民俗艺术博物馆主楼
Yumeji Family House Memorial
Shonen Sanso
展览和活动
10月
14
ラデック・プレディギエル「The Presence of Artist」 @ 夢二生家記念館・少年山荘
10月 14 @ 9:00 AM – 5:00 PM

ポーランドと日本の国交樹立100周年を記念して、瀬戸内市邑久町で活動しているポーランド人画家・Radek PREDYGIER(ラデック・プレディギエル)氏が夢二からインスピレーションを受けて制作した作品を公開いたします。

詳細はこちらをご覧ください

展示作品

ラデック プレディギェル
Radek PREDYGIER

夢二生家の秋 @ 夢二生家記念館・少年山荘
10月 14 @ 9:00 AM – 5:00 PM

2019年9月3日(火)~12月1日(日)

休館日:月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)

入館料:大人600円、中高大学生250円、小学生200円

 


竹久夢二のふるさと岡山の邑久(おく)(瀬戸内市)にある「夢二生家記念館・少年山荘」は、生誕135年を記念して2019年3月に、岡山市中区の本館とともに周遊し滞在を楽しむ美術館としてリニューアルいたしました。
夢二が生まれ16歳までを過ごした築約250年の生家は茅葺屋根を葺き替え、蔵を改装した展示室では夢二のふるさとをテーマに、季節に合わせて夢二の肉筆作品を展示。
企画展「夢二生家の秋」では歴史学者の磯田道史氏愛蔵で当館初公開の《夏柳》、特別展示《故郷の秋》など、当館所蔵の選りすぐりの作品をゆっくりとご覧いただき、夢二芸術の原点を体感できます。夢二のふるさとで夢二芸術の原点をご体感ください。

【詳細イベントについてはこちらをご覧ください】

生誕135年竹久夢二展 幻想の美 秘められた謎 @ 夢二郷土美術館 本館
10月 14 @ 9:00 AM – 5:00 PM

大正ロマンを象徴する岡山出身の詩人画家竹久夢二(1884年~1934年)の生誕135年・没85年を記念して夢二を再発見する展覧会を開催します。独学で道をきりひらき、画家としての活動にとどまらずデザイナー・詩人・文筆家など総合芸術家として様々なジャンルで心の詩を表現し続け、そのドラマチックな生涯を生きた夢二。50才を目前にして人生の幕を閉じましたが、彼が表現した芸術とその生き方、独特の世界観は時代を超えて今もなお新鮮な魅力を放ち多くの人々の心をとらえて離しません。

本展は、美術史学者・美術評論家で竹久夢二学会会長もつとめる高階秀爾(たかしな・しゅうじ)氏を監修に招き、肉筆画で随一のコレクションを誇り夢二の里がえりを念じて創設された夢二郷土美術館の所蔵作品を中心に前期(~10月14日)後期(10月16日~)あわせて約150点を紹介します。ルネサンス期以降の西洋美術史の専門であり、夢二研究の第一人者でもある同氏の視点で選び抜かれた名品の数々を通して、新たな竹久夢二像を浮き彫りにします。

また本展では、晩年外遊に訪れアメリカ西海岸に滞在中に夢二が新たな画境を求めて描いた夢二式美人画の貴重な油彩画を紹介します。アメリカ西海岸で描かれ幻の油彩画と称された現在当館が所蔵する《西海岸の裸婦》が、このたび初めて巡回し館外でも展示されます。また、ロサンゼルスの全米日系人博物館所蔵の《花衣》(はなごろも)が初めて、《西海岸の裸婦》と揃って日本で展示されます。謎めいた作品の魅力に迫る、貴重な機会となることでしょう。

入館料  大人800円/中高大学生400円/小学生300円]

 

*本展は夢二のふるさと岡山からはじまり2020年3月から京都、横浜、大阪、東京の計5都市を巡回いたします。

第9回「こども夢二新聞」作品展示
10月 14 @ 9:00 AM – 5:00 PM

展示期間:2019年10月12日(土)~10月27日(日)

第9回の「こども夢二新聞」にご応募いただいた作品の中から優秀な作品を展示します。
夢二郷土美術館本館と、夢二生家記念館のそれぞれの展示室内でご覧いただけます。

10月
15
休館日
10月 15 全日
10月
16
ラデック・プレディギエル「The Presence of Artist」 @ 夢二生家記念館・少年山荘
10月 16 @ 9:00 AM – 5:00 PM

ポーランドと日本の国交樹立100周年を記念して、瀬戸内市邑久町で活動しているポーランド人画家・Radek PREDYGIER(ラデック・プレディギエル)氏が夢二からインスピレーションを受けて制作した作品を公開いたします。

詳細はこちらをご覧ください

展示作品

ラデック プレディギェル
Radek PREDYGIER

夢二生家の秋 @ 夢二生家記念館・少年山荘
10月 16 @ 9:00 AM – 5:00 PM

2019年9月3日(火)~12月1日(日)

休館日:月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)

入館料:大人600円、中高大学生250円、小学生200円

 


竹久夢二のふるさと岡山の邑久(おく)(瀬戸内市)にある「夢二生家記念館・少年山荘」は、生誕135年を記念して2019年3月に、岡山市中区の本館とともに周遊し滞在を楽しむ美術館としてリニューアルいたしました。
夢二が生まれ16歳までを過ごした築約250年の生家は茅葺屋根を葺き替え、蔵を改装した展示室では夢二のふるさとをテーマに、季節に合わせて夢二の肉筆作品を展示。
企画展「夢二生家の秋」では歴史学者の磯田道史氏愛蔵で当館初公開の《夏柳》、特別展示《故郷の秋》など、当館所蔵の選りすぐりの作品をゆっくりとご覧いただき、夢二芸術の原点を体感できます。夢二のふるさとで夢二芸術の原点をご体感ください。

【詳細イベントについてはこちらをご覧ください】

生誕135年竹久夢二展 幻想の美 秘められた謎 @ 夢二郷土美術館 本館
10月 16 @ 9:00 AM – 5:00 PM

大正ロマンを象徴する岡山出身の詩人画家竹久夢二(1884年~1934年)の生誕135年・没85年を記念して夢二を再発見する展覧会を開催します。独学で道をきりひらき、画家としての活動にとどまらずデザイナー・詩人・文筆家など総合芸術家として様々なジャンルで心の詩を表現し続け、そのドラマチックな生涯を生きた夢二。50才を目前にして人生の幕を閉じましたが、彼が表現した芸術とその生き方、独特の世界観は時代を超えて今もなお新鮮な魅力を放ち多くの人々の心をとらえて離しません。

本展は、美術史学者・美術評論家で竹久夢二学会会長もつとめる高階秀爾(たかしな・しゅうじ)氏を監修に招き、肉筆画で随一のコレクションを誇り夢二の里がえりを念じて創設された夢二郷土美術館の所蔵作品を中心に前期(~10月14日)後期(10月16日~)あわせて約150点を紹介します。ルネサンス期以降の西洋美術史の専門であり、夢二研究の第一人者でもある同氏の視点で選び抜かれた名品の数々を通して、新たな竹久夢二像を浮き彫りにします。

また本展では、晩年外遊に訪れアメリカ西海岸に滞在中に夢二が新たな画境を求めて描いた夢二式美人画の貴重な油彩画を紹介します。アメリカ西海岸で描かれ幻の油彩画と称された現在当館が所蔵する《西海岸の裸婦》が、このたび初めて巡回し館外でも展示されます。また、ロサンゼルスの全米日系人博物館所蔵の《花衣》(はなごろも)が初めて、《西海岸の裸婦》と揃って日本で展示されます。謎めいた作品の魅力に迫る、貴重な機会となることでしょう。

入館料  大人800円/中高大学生400円/小学生300円]

 

*本展は夢二のふるさと岡山からはじまり2020年3月から京都、横浜、大阪、東京の計5都市を巡回いたします。

第9回「こども夢二新聞」作品展示
10月 16 @ 9:00 AM – 5:00 PM

展示期間:2019年10月12日(土)~10月27日(日)

第9回の「こども夢二新聞」にご応募いただいた作品の中から優秀な作品を展示します。
夢二郷土美術館本館と、夢二生家記念館のそれぞれの展示室内でご覧いただけます。

10月
17
ラデック・プレディギエル「The Presence of Artist」 @ 夢二生家記念館・少年山荘
10月 17 @ 9:00 AM – 5:00 PM

ポーランドと日本の国交樹立100周年を記念して、瀬戸内市邑久町で活動しているポーランド人画家・Radek PREDYGIER(ラデック・プレディギエル)氏が夢二からインスピレーションを受けて制作した作品を公開いたします。

詳細はこちらをご覧ください

展示作品

ラデック プレディギェル
Radek PREDYGIER

访问
梦美民俗艺术博物馆主楼
Yumeji Family House Memorial Shonen Sanso