1. HOME
  2. >
  3. 本館企画展
本館企画展
本館
本館企画展
企画展

会期 2020年9月1日(火)~12月6日(日)
開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)
入館料 大人800円、中高大学生400円、小学生300円

大正ロマンを代表する画家として広く知られる竹久夢二(1884-1934)。

岡山で生まれ、詩人を夢見て上京した夢二は「文字の代わりに絵の形式で詩を描いた」作品が評価され絵描きとして世に出ました。初めての著作『夢二画集 春の巻』での絵と言葉を融合させた独特の抒情性は、たちまち当時の若者を中心に絶大な支持を集めます。

以降絵画や挿絵、版画、デザイン、詩句、文章など様々な分野で活躍しましたが生涯を通してその表現には「言(こと)の葉(は)」がともにありました。詩人・萩原朔太郎は「竹久夢二氏は明治の歌麿で、抒情詩を絵でかいた新しい古人の元祖でせう。」と評し、当時の夢二の表現が懐かしさの中にも新しさを感じさせ、人々の心をつかんでいたことがわかります。

夢二はセノオ楽譜シリーズで270点余りの装幀(デザイン)を手がけ、大正7(1918)年に発行し唱歌として大流行した「宵待草」では歌詞も担当し詩人としての評価も高めました。

本展では当館の珠玉のコレクションから詩を書くように描いた絵画、版画、デザイン、楽譜の数々を言葉とともに展観し、詩人画家・竹久夢二のつむいだ「言の葉」の世界をご覧いただきます。

秋の特別展示として、夢二式美人画の集大成ともいえる晩年の傑作《立田姫》、晩年に訪れた異国の地で描いた夢二式美人《西海岸の裸婦》を公開いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

夢二生誕日記念「オリジナル絵ハガキプレゼント」

9月16日(水)のご来館者全員にオリジナル絵ハガキをプレゼントいたします。


夢二の恋みくじ

企画展限定の恋みくじが登場。夢二は恋や人生を彩ることばを多く生み出しました。

そんな夢二のことばがあなたの恋路をうらなってくれるかも!?

参加費:1回100円

企画展「夢二のつむいだ言の葉」を観てSNSでも楽しもう★

・展示室内に「#夢二の言の葉」コーナーを開設

企画展「夢二のつむいだ言の葉」を観て、あなたもことばをつむいでみませんか。

参加してくださった方には「オリジナル絵ハガキ」をプレゼントいたします。

素敵な作品は当館公式ツイッターでご紹介!

 

・公式YouTubeで企画展の見どころ発信

夢二郷土美術館公式YouTubeチャンネルでは当館こども学芸員による作品解説や黑の助の動画などを配信中。

企画展「夢二のつむいだ言の葉」の見どころも特別にご紹介します。

 

その他、夢二郷土美術館の公式ツイッター、フェイスブック、インスタグラム(美術館、黑の助)、YouTubeチャンネルで様々な情報を配信しています。ぜひご活用ください。

 

第10回「こども夢二新聞」表彰式・作品展示 

表彰式:2020年10月17日(土) 展示:10月17日(土)~11月3日(火・祝)まで)

「こども夢二新聞」にご応募いただいた作品の中から優秀な作品を表彰、展示します。

展示場所:夢二郷土美術館 本館 第1展示室、夢二生家記念館(夢二郷土美術館 別館)

 

〈お問い合せ先〉

夢二郷土美術館 本館 〒703-8256 岡山市中区浜2-1-32

TEL:086-271-1000

Fax:086-271-1730

E-Mail:yumeji@gaea.ocn.ne.jp

※ご案内の内容は状況によって変更する場合がございます。