1. HOME
  2. >
  3. 本館企画展
本館企画展
本館
本館企画展
企画展

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

竹久夢二×水戸岡鋭治 PartⅢ―2022(にゃん・にゃん・にゃん)はねこいっぱい―

会期      2022年3月8日(火)~7月3日(日)
開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日    月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)

             4月26日(火)~5月8日(日)は休まず開館
入館料    大人800円、中高大学生400円、小学生300円

 大正浪漫を代表する詩人画家 竹久夢二(1884-1934)は、当時は図案とよばれていたデザインの分野でも先駆的な活躍をしました。「生活の中の美」を追求し、封筒・千代紙などの文房具や浴衣・帯など日常のデザインのみならず、楽譜や本のデザインなどグラフィックの分野でも豊かな才能を発揮し、今でもデザイナーに影響を与え続けています。

 夢二と同じく岡山出身でデザイナーとして活躍している水戸岡鋭治氏(1947-)も駅舎や車両をはじめとした工業デザインをはじめ幅広い分野で人々の生活に豊かさをもたらし、新たな価値を生み出しています。水戸岡氏は2014年の竹久夢二生誕130年の記念ロゴマーク、岡山市内を走る路面電車の「竹久夢二生誕130年記念KURO×夢二電車」(岡山電気軌道)など走る夢二郷土美術館をコンセプトにしたデザインや、2017年には夢二郷土美術館創立50年記念のリニューアルの際にデザイン監修も務め、夢二郷土美術館のロゴや夢二との時空を超えたコラボレーション空間となる第6展示室兼ミュージアムショップ&カフェ「art café 夢二」も手がけました。

 2022年(にゃん・にゃん・にゃん)にちなみ、夢二が「ねこ」を描いた作品や夢二郷土美術館のお庭番頭ねこ「黑の助」のマスコット、新たに本企画展のために制作した新作「夢二のねこ×水戸岡鋭治」34点などねこいっぱいの展示や、水戸岡氏が新たにデザインした「夢二タクシー」の2022年春の完成を記念した特別展示をはじめ、竹久夢二と水戸岡鋭治のコラボレーションデザインに用いられた夢二の名品をお楽しみください。

 

★関連イベント★

学芸員によるギャラリートーク

2022年3月13日(日)14:00~14:20

企画展担当学芸員による作品解説です。申込不要。

参加費:無料(※要入館料、ゆめびぃ会員は無料です。)

 

夜の特別鑑賞会「宵の夢二 解説つきプレミアムツアー」

2022年4月30日(土)17:00~18:00

貸切で学芸員の解説付きで鑑賞を楽しみ、オリジナルミュージアムグッズのお土産も。

気まぐれ出勤のお庭番頭ねこ「黑の助」の写真撮影もできるかも!?

定員:最少催行人数5名(要予約・先着順)

※限定人数のため満席となる可能性もあります。

お申込み先:下記お問い合わせ先まで

参加費:一般1300円、中高大学生900円、小学生800円

 

〈お問い合わせ先〉

夢二郷土美術館 本館 〒703-8256 岡山市中区浜2-1-32

TEL:086-271-1000

Fax:086-271-1730

E-mail:yumeji@gaea.ocn.ne.jp

※ご案内の内容は状況によって変更する場合がございます。


〈「art café夢二」「椿茶房」岡山県飲食店感染防止対策第三者認証制度認証のお知らせ〉

夢二郷土美術館 本館内カフェ「art café夢二」、夢二生家記念館内カフェ「椿茶房」は

2021年10月に岡山県飲食店感染防止対策第三者認証制度に認証されました。

安心してお食事をお楽しみください。