その繊細な描写が日本のロートレックとも称される、「大正ロマン」の立役者でマルチアーティストの先駆けである竹久夢二。
夢二郷土美術館は、岡山の名所、後楽園そばに1984(昭和59)年竹久夢二生誕100年を記念して本館が開館しました。
竹久夢二肉筆作品の収蔵数は日本一を誇ります。
竹久夢二が活躍した大正時代の風情を伝える和洋の調和が魅力的な建物、2007年版ミシュラン旅行ガイドでは一つ星獲得の評価を得た本館、瀬戸内市邑久の、竹久夢二が生まれた生家の建物をそのまま保存し展示室とカフェを備えた「夢二生家記念館」および生涯にただ一軒、夢二自らが設計し夢二芸術を紡ぎあげたアトリエ兼住居を再現した「少年山荘」で構成されています。
夢二郷土美術館本館
夢二生家記念館
少年山荘
企画展イベント
11月
12
ラデック・プレディギエル「The Presence of Artist」 @ 夢二生家記念館・少年山荘
11月 12 @ 9:00 AM – 5:00 PM

ポーランドと日本の国交樹立100周年を記念して、瀬戸内市邑久町で活動しているポーランド人画家・Radek PREDYGIER(ラデック・プレディギエル)氏が夢二からインスピレーションを受けて制作した作品を公開いたします。

詳細はこちらをご覧ください

展示作品

ラデック プレディギェル
Radek PREDYGIER

夢二生家の秋 @ 夢二生家記念館・少年山荘
11月 12 @ 9:00 AM – 5:00 PM

2019年9月3日(火)~12月1日(日)

休館日:月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)

入館料:大人600円、中高大学生250円、小学生200円

 


竹久夢二のふるさと岡山の邑久(おく)(瀬戸内市)にある「夢二生家記念館・少年山荘」は、生誕135年を記念して2019年3月に、岡山市中区の本館とともに周遊し滞在を楽しむ美術館としてリニューアルいたしました。
夢二が生まれ16歳までを過ごした築約250年の生家は茅葺屋根を葺き替え、蔵を改装した展示室では夢二のふるさとをテーマに、季節に合わせて夢二の肉筆作品を展示。
企画展「夢二生家の秋」では歴史学者の磯田道史氏愛蔵で当館初公開の《夏柳》、特別展示《故郷の秋》など、当館所蔵の選りすぐりの作品をゆっくりとご覧いただき、夢二芸術の原点を体感できます。夢二のふるさとで夢二芸術の原点をご体感ください。

【詳細イベントについてはこちらをご覧ください】

生誕135年竹久夢二展 幻想の美 秘められた謎 @ 夢二郷土美術館 本館
11月 12 @ 9:00 AM – 5:00 PM
会期 2019年8月27日(火)~2019年12月8日(日)
休館日  月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)
9:00~17:00(入館は16:30まで)
入館料  大人800円/中高大学生400円/小学生300円

【135年展特別券】「クリアファイル(A4)西海岸の裸婦」と「オリジナルロゴ入りボールペン」の特典付・1,100円(税込)
(※美術館受付でのみ販売しています)

詳細はこちら
生誕135年 竹久夢二展 幻想の美 秘められた謎

 

*本展は夢二のふるさと岡山からはじまり2020年3月から京都、横浜、大阪、東京の計5都市を巡回いたします。巡回展についても上記の詳細ページをご覧ください。

11月
13
ラデック・プレディギエル「The Presence of Artist」 @ 夢二生家記念館・少年山荘
11月 13 @ 9:00 AM – 5:00 PM

ポーランドと日本の国交樹立100周年を記念して、瀬戸内市邑久町で活動しているポーランド人画家・Radek PREDYGIER(ラデック・プレディギエル)氏が夢二からインスピレーションを受けて制作した作品を公開いたします。

詳細はこちらをご覧ください

展示作品

ラデック プレディギェル
Radek PREDYGIER

夢二生家の秋 @ 夢二生家記念館・少年山荘
11月 13 @ 9:00 AM – 5:00 PM

2019年9月3日(火)~12月1日(日)

休館日:月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)

入館料:大人600円、中高大学生250円、小学生200円

 


竹久夢二のふるさと岡山の邑久(おく)(瀬戸内市)にある「夢二生家記念館・少年山荘」は、生誕135年を記念して2019年3月に、岡山市中区の本館とともに周遊し滞在を楽しむ美術館としてリニューアルいたしました。
夢二が生まれ16歳までを過ごした築約250年の生家は茅葺屋根を葺き替え、蔵を改装した展示室では夢二のふるさとをテーマに、季節に合わせて夢二の肉筆作品を展示。
企画展「夢二生家の秋」では歴史学者の磯田道史氏愛蔵で当館初公開の《夏柳》、特別展示《故郷の秋》など、当館所蔵の選りすぐりの作品をゆっくりとご覧いただき、夢二芸術の原点を体感できます。夢二のふるさとで夢二芸術の原点をご体感ください。

【詳細イベントについてはこちらをご覧ください】

生誕135年竹久夢二展 幻想の美 秘められた謎 @ 夢二郷土美術館 本館
11月 13 @ 9:00 AM – 5:00 PM
会期 2019年8月27日(火)~2019年12月8日(日)
休館日  月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)
9:00~17:00(入館は16:30まで)
入館料  大人800円/中高大学生400円/小学生300円

【135年展特別券】「クリアファイル(A4)西海岸の裸婦」と「オリジナルロゴ入りボールペン」の特典付・1,100円(税込)
(※美術館受付でのみ販売しています)

詳細はこちら
生誕135年 竹久夢二展 幻想の美 秘められた謎

 

*本展は夢二のふるさと岡山からはじまり2020年3月から京都、横浜、大阪、東京の計5都市を巡回いたします。巡回展についても上記の詳細ページをご覧ください。

11月
14
ラデック・プレディギエル「The Presence of Artist」 @ 夢二生家記念館・少年山荘
11月 14 @ 9:00 AM – 5:00 PM

ポーランドと日本の国交樹立100周年を記念して、瀬戸内市邑久町で活動しているポーランド人画家・Radek PREDYGIER(ラデック・プレディギエル)氏が夢二からインスピレーションを受けて制作した作品を公開いたします。

詳細はこちらをご覧ください

展示作品

ラデック プレディギェル
Radek PREDYGIER

夢二生家の秋 @ 夢二生家記念館・少年山荘
11月 14 @ 9:00 AM – 5:00 PM

2019年9月3日(火)~12月1日(日)

休館日:月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)

入館料:大人600円、中高大学生250円、小学生200円

 


竹久夢二のふるさと岡山の邑久(おく)(瀬戸内市)にある「夢二生家記念館・少年山荘」は、生誕135年を記念して2019年3月に、岡山市中区の本館とともに周遊し滞在を楽しむ美術館としてリニューアルいたしました。
夢二が生まれ16歳までを過ごした築約250年の生家は茅葺屋根を葺き替え、蔵を改装した展示室では夢二のふるさとをテーマに、季節に合わせて夢二の肉筆作品を展示。
企画展「夢二生家の秋」では歴史学者の磯田道史氏愛蔵で当館初公開の《夏柳》、特別展示《故郷の秋》など、当館所蔵の選りすぐりの作品をゆっくりとご覧いただき、夢二芸術の原点を体感できます。夢二のふるさとで夢二芸術の原点をご体感ください。

【詳細イベントについてはこちらをご覧ください】

生誕135年竹久夢二展 幻想の美 秘められた謎 @ 夢二郷土美術館 本館
11月 14 @ 9:00 AM – 5:00 PM
会期 2019年8月27日(火)~2019年12月8日(日)
休館日  月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)
9:00~17:00(入館は16:30まで)
入館料  大人800円/中高大学生400円/小学生300円

【135年展特別券】「クリアファイル(A4)西海岸の裸婦」と「オリジナルロゴ入りボールペン」の特典付・1,100円(税込)
(※美術館受付でのみ販売しています)

詳細はこちら
生誕135年 竹久夢二展 幻想の美 秘められた謎

 

*本展は夢二のふるさと岡山からはじまり2020年3月から京都、横浜、大阪、東京の計5都市を巡回いたします。巡回展についても上記の詳細ページをご覧ください。

11月
15
ラデック・プレディギエル「The Presence of Artist」 @ 夢二生家記念館・少年山荘
11月 15 @ 9:00 AM – 5:00 PM

ポーランドと日本の国交樹立100周年を記念して、瀬戸内市邑久町で活動しているポーランド人画家・Radek PREDYGIER(ラデック・プレディギエル)氏が夢二からインスピレーションを受けて制作した作品を公開いたします。

詳細はこちらをご覧ください

展示作品

ラデック プレディギェル
Radek PREDYGIER

アクセス
本館
夢二生家記念館・少年山荘