1. HOME
  2. >
  3. お知らせ
  4. >
  5. 教育普及活動
お知らせ
教育普及活動
2019年4月6日(土)に、「第8期こども学芸員」の任命式を行いました。 今年は13名の小学生から大学生の皆さんがこども学芸員として活動してくださることになりました。そのうち3名は昨年こども夢二新聞に応募し、今年新たにこども学芸員に参加します。 はじめに館長の小嶋光信より、皆さんがわくわくする気持ちを持って楽しんで活動してください、と挨拶がありました。 その後館長より、任命証と、竹久夢二について学んでいただけるように本人と同伴者1名が1年間夢二郷土美術館に何回でも入館できるIDカードを皆…
教育普及活動
2019年2月11日(月・祝)に第7期こども学芸員によるギャラリートークを開催いたしました。 小学4年生から大学1年生のこども学芸員が、それぞれに選んだ作品について調べ、解説文を書き、発表原稿に仕上げました。そして発表のリハーサルも重ね本番に挑みました。 お客様の前で自ら書いた作品解説を発表し、ご来館の方々にはこどもたちの視点がとても新鮮に感じられたようで感心して聞き入っておられました。 これで第7期のこども学芸員の活動をすべて無事に終え、修了証をお渡ししました。 毎年ご好評いた…
本館
教育普及活動
当館では一年を通じて竹久夢二や、作品鑑賞などについて学ぶ「こども学芸員」活動を行っています。 今年のこども学芸員は小学4年生から大学2年生までの11名で、活動の最終回は一般のお客様の前で自ら選んだ夢二作品の解説をお話しするギャラリートークです。 こどもたちの瑞々しい感性と鋭い視点からの解説をぜひお聞きください。 また手書きの解説文パネルは、企画展の期間中展示作品と共に展示しております。 ギャラリートーク日時:2019年2月11日(月・祝) 11:00~11:30、14:00~14:30 申込…
教育普及活動
  1.はじめに 今日は、岡山夢二郷土美術館の絵画・お庭番・ショップについて紹介します。     2.夢二式美人   夢二式美人と呼ばれた女性画は【大きな瞳】・【華奢な体】・【s字の構図】・【大きな手足】が特徴です。 【S字の構図】などは今の私達でも上手に描くコツとして、この方法を用いています。竹久夢二は独学で絵画の分野で全国に名を広めて、すごいと思いました。   3.黑の助 ・2016年8月末に岡山夢二郷土美術館に来ました。     ・2016年12月24日、お庭…
教育普及活動
このブログを見て頂いているみなさん、こんにちは。そしてありがとうございます。   今回、僕たちは職場体験学習に来た福浜中学校2年の実習生です。そこで、この美術館に来て、とても思い出深かった、もしくは興味深かったことがたくさんできたので、その中で、4つの事を紹介しようと思います。   ~夢二郷土美術館の歴史~ 11月15日、16日の2日間2人で体験しました。僕ともう1人両方興味を持った話題が、タイトルの通り「歴史」についてです。僕はこれを“夢二さん”が“郷土の物”を集めて来て…
教育普及活動
1.あいさつ 今回、夢二郷土美術館に職場体験を させて頂いた竜操中学校2年計2名です!   2.竹久夢二について 夢二は、明治17(1884) 年邑久郡本庄村 (現・瀬戸内市邑久町)生まれです。       画家としてはもちろん、詩人・デザイナーでもあった夢二。 今でもその感性は高く評価されています。特に有名なのは、 「夢二式美人」と称され、大きな瞳・大き目に描かれた手足、 体と共にしなやかな夢二の理想として描かれた女性像です。 夢二郷土美術館は、その作品…
教育普及活動
操山中学校の2年生です。10月17日、18日に夢二郷土美術館で職場体験学習をしました。 その中で見た、作品やグッズの紹介をしようと思います。 始めに、竹久夢二さんが描いた作品の一部を紹介します。 1つ目は「林檎」という作品です。この作品は、夢二さんの妻となった岸たまきさんがモデルになったと言われていて夢二式美人を描く出発点となったころに描かれた作品です。 ちなみに、母や姉も夢二式美人を描く影響となったそうです。 2つ目は「おはぐろ舞妓」です。この作品は、夢二さんにとって最愛となった大切な存…
教育普及活動
2018年10月13日(土)に、第8回こども夢二新聞の表彰式を行いました。   応募総数112点の中から厳選なる審査を行い、15作品が表彰されました。 館長賞は小橋利恵さん(中3)で、見出しの作り方やレイアウトが優れており、とても読みやすい作品との講評がありました。館長の小嶋光信より賞状と記念品のねこの木版画をお渡ししました。 (入賞作品は「第8回「こども夢二新聞」受賞者決定のお知らせ」をご覧ください) 山陽新聞読者局局長賞の片山祐さん(小5)には、局長江草様より賞状と記念品の授与…
教育普及活動
第8回目となる夢二郷土美術館主催の「こども夢二新聞」の審査が行われ、受賞者が決定いたしました。 「こども夢二新聞」とは、岡山県出身で大正時代を代表する詩人画家、デザイナーなどとしても活躍した「竹久夢二」や「夢二郷土美術館」をテーマとした新聞を学生の方から募集し、今年で8回目となります。新聞づくり教室に参加してくださった方や、学校の取り組みとしてもご応募いただきました。 9月16日の夢二の生誕日を募集締切とし、112名の方からご応募がありました。最も優秀な作品に贈られる館長賞は、夢二の様々な画業だ…
教育普及活動
第8回目となる「こども夢二新聞」を募集します。 岡山県出身で、大正時代を代表する詩人画家、デザイナーなどとしても活躍した「竹久夢二」や「夢二郷土美術館」をテーマとした新聞を作ってみませんか? 【こども夢二新聞について(過去の入賞作品もこちらでご覧いただけます)】 [caption id="attachment_9632" align="aligncenter" width="212"] 2017年館長賞[/caption] 1、応募してくださった全員に参加賞をプレゼント!! 2、優秀な作品…