1. HOME
  2. >
  3. 黑の助の紹介
黑の助の紹介
夢二郷土美術館本館にある中庭のお庭番となった、夢二の絵から飛び出たような肉球もまっ黒の福猫の黒ねこ、「黑の助(くろのすけ)」。
黑の助は、2016年、夢二の命日である9月1日の少し前、
道路で轢かれそうなところを美術館員に救出されて、夢二郷土美術館の中庭にやってきました。
9月16日の夢二の生誕日に、館長が美術館に迎えることを決め、
12月24日(奇遇にも初代館長松田基の命日)正式に夢二郷土美術館のお庭番に就任しました。

気まぐれに出勤していますが、出勤時には中庭の見回りや、お客様へご挨拶をしています。
ぜひ黑の助にも会いにお越しください。
(※出勤状況はSNSでお知らせしています。)
黑の助 Instagram
また2017年春には、岡山出身のデザイナー・水戸岡鋭治氏プロデュースにより、
「黑の助」がキャラクターにもなりました。
人気の黑の助グッズは、館内ミュージアムショップ、またはオンラインショップでも販売中です。
オンラインショップはこちら
【黑の助カレンダー2020】も発売中!
夢二黑の助バス