1. HOME
  2. >
  3. 沿革
沿革

美術館略年譜

1951(昭和26)年

松田基(当時両備バス社長)が大阪駅構内の古本屋で夢二の作品「加茂川」と「女」に出会い購入。竹久夢二の作品の蒐集を始める。

1966(昭和41)年

両備グループの始まりの地である岡山市西大寺に夢二郷土美術館を創設(創設者・初代館長:松田基)

 

1970(昭和45)年

瀬戸内市邑久町本庄の竹久夢二の生家を整備し、夢二郷土美術館 分館「夢二生家」として公開。

 

1979(昭和54)年

両備檉園記念財団発足。夢二生誕95年を記念して、「夢二生家」周辺を公園として整備し、夢二が設計して建てたアトリエ付き住居「少年山荘」を復元、公開。

 

1983(昭和58)年

生誕100年記念「竹久夢二百選展」開催。(1/4〜1/16日本橋三越)

1984(昭和59)年

夢二生誕100年を記念して、西大寺から岡山後楽園のそば(岡山市中区浜)に移設して美術館新本館を開館。(設計:浦辺鎮太郎氏)

 

1985(昭和60)年

郷土芸術家の作品の収集、展示による地域活動に対し、岡山県内初受賞となる「サントリー地域文化賞」受賞。

1992(平成4)年

両備園記念財団から美術館部門を分離、「財団法人両備文化振興財団」が発足。
夢二郷土美術館開館25周年記念「夢二とその世界展」開催。
(10/21〜11/1吉備路文学館、天満屋岡山店、夢二郷土美術館本館)

1995(平成7)年

生誕110年「竹久夢二展」開催。
(1994.12/24〜1995.1/29刈谷市美術館 2/9〜2/21大丸ミュージアムKYOTO 3/17〜4/16山形美術館)

1999(平成11)年

夢二郷土美術館館長、両備園記念財団理事長、両備文化振興財団理事長に松田堯会長就任。

2001(平成13)年

夢二郷土美術館館長、両備園記念財団理事長、両備文化振興財団理事長に小嶋光信社長(現:両備グループ会長)が就任。
夢二郷土美術館名誉館長に松田堯会長就任。

2004(平成16)年

竹久夢二生誕120年記念 岡山、伊香保 二つのふるさとから「竹久夢二展」開催。
(3/17〜3/29日本橋島屋 4/14〜4/26大阪・なんば島屋 4/28〜5/17京都島屋 6/2〜6/14JR島屋(名古屋) 9/8〜9/20岡山島屋 10/6〜10/18横浜島屋)

2005(平成17)年

竹久夢二生誕120年記念「竹久夢二展」開催。(1/19〜1/31大丸札幌店 4/9〜5/15明石市立文化博物館)

2007(平成19)年

夢二郷土美術館本館がミシュランのガイドブックで一ツ星に選出。

2009(平成21)年

竹久夢二生誕125年記念「竹久夢二展」開催。
(8/26〜9/6新宿島屋 9/16〜9/28岡山島屋 2010.1/6〜1/25京都)

2012(平成24)年

公益財団法人両備文化振興財団へ移行。

2016(平成28)年

アメリカ ロサンゼルスに所在がわかった幻の油彩画《西海岸の裸婦》を新収蔵。

2017(平成29)年

「夢二郷土美術館 本館」を岡山出身のデザイナー 水戸岡鋭治氏のデザイン監修で大幅 リニューアル。〈art café 夢二〉設立。

2019(平成31)年

「夢二生家」と「少年山荘」をリニューアル、「夢二生家記念館・少年山荘」としてオープン。