竹久夢二是‘大正浪漫’中心人物的代名詞,亦是多才多藝的先驅者,以纖細描繪手法人稱日本羅特列克。爲了紀念竹久夢二誕辰100周年,夢二鄉土美術館於1984年(昭和59年)在岡山縣的名勝古跡,後楽園旁邊開設了本館,並且以擁有日本最多的竹久夢二的親手繪製原收藏而引以爲傲。爲了重現夢二活躍的大正時期的建築風格,設計和洋折衷形式的本館在2007年版米其林旅行指南里獲得一星级評價。竹久夢二出生的老家以完整美好建築保存於瀬戸内市邑久町。本館是由展室和咖啡廳具備的「夢二生家記念館」,以及夢二生平唯一親自設計的,紡織出夢二藝術作品的畫室兼住宅的「少年山荘」而構成。
夢美民俗藝術博物館主樓
Yumeji Family House Memorial
Shonen Sanso
展覽和活動
6月
16
ユメジ・ロマン・モード @ 夢二郷土美術館 本館
6月 16 @ 9:00 AM – 5:00 PM

会期:2019年6月11日(火)~2019年8月24日(土)

(8月6日(火)~8月18日(日)は休まず開館)
時代のモード(流行)を映し出すかのように独自の世界観で絵画・デザイン・詩など様々な表現で作品を生み出した竹久夢二(1884-1934)。夢二の描く女性像が明治・大正時代の人々に流行する中、夢二のデザインする日用品や雑誌、書籍は時代に新風を吹かせ、夢二の絵の中の夢二デザインの服装を身にまとった女性は当時の女性の憧れとなりました。女性が活動的になり次第に社会進出していく中で、彼女たちを後押しするかのような夢二の世界観は共感をもって受け入れられていきます。生涯を通して時代を映し出すデザインを生み出し続けたマルチアーティスト竹久夢二の〈ロマン〉と〈モード〉の世界を展観いたします。

夢二生家の春 @ 夢二生家記念館・少年山荘
6月 16 @ 9:00 AM – 5:00 PM

リニューアルオープン記念展「夢二生家の春」

竹久夢二生誕の地・邑久(おく)(瀬戸内市邑久町)にある夢二生家は、夢二が生まれ16歳までを過ごした200年以上経つ茅葺屋根の家をそのままに保存し、公開しています。蔵を改装した展示室では季節に合わせて当館所蔵の夢二の肉筆作品を展示しており、企画展「夢二生家の春」ではリニューアルオープンを記念して「ふるさと」をテーマに夢二こども絵の代表作《童子》、歴史学者の磯田道史氏より夢二郷土美術館に寄託された《少年の図》を特別公開いたします。
「ユメジ・ロマン・モード」ギャラリートーク @ 夢二郷土美術館 本館 展示室
6月 16 @ 2:00 PM – 2:20 PM
gallerytalk

企画展担当学芸員による作品解説です。

事前申込み不要です。どなたでもご参加ください。

参加費:無料(※要入館料)※ゆめびぃ会員は無料です。

6月
17
休館日
6月 17 全日
6月
18
ユメジ・ロマン・モード @ 夢二郷土美術館 本館
6月 18 @ 9:00 AM – 5:00 PM

会期:2019年6月11日(火)~2019年8月24日(土)

(8月6日(火)~8月18日(日)は休まず開館)
時代のモード(流行)を映し出すかのように独自の世界観で絵画・デザイン・詩など様々な表現で作品を生み出した竹久夢二(1884-1934)。夢二の描く女性像が明治・大正時代の人々に流行する中、夢二のデザインする日用品や雑誌、書籍は時代に新風を吹かせ、夢二の絵の中の夢二デザインの服装を身にまとった女性は当時の女性の憧れとなりました。女性が活動的になり次第に社会進出していく中で、彼女たちを後押しするかのような夢二の世界観は共感をもって受け入れられていきます。生涯を通して時代を映し出すデザインを生み出し続けたマルチアーティスト竹久夢二の〈ロマン〉と〈モード〉の世界を展観いたします。

夢二生家の夏 @ 夢二生家記念館・少年山荘
6月 18 @ 9:00 AM – 5:00 PM

竹久夢二のふるさと岡山の邑久(おく)(瀬戸内市)にある「夢二生家記念館・少年山荘」は、生誕135年を記念して2019年3月に、岡山市中区の本館とともに周遊し滞在を楽しむ美術館としてリニューアルいたしました。
夢二が生まれ16歳までを過ごした築約250年の生家は茅葺屋根を葺き替え、蔵を改装した展示室では夢二のふるさとをテーマに、季節に合わせて夢二の肉筆作品を展示。企画展「夢二生家の夏」では特別展示《夕涼み》をはじめ、当館所蔵の選りすぐりの作品をゆっくりとご覧いただき、夢二芸術の原点を体感できます。
また、夢二自ら設計したアトリエ兼住居を復元した「少年山荘」では夢二の人生・デザイン・音楽をテーマに作品や遺品、写真などをご紹介、また夢二関連書籍、高精細デジタルアーカイブや体験コーナー、2階では水戸岡鋭治×夢二の「黑の助の部屋」や今に繋がる夢二をお楽しみいただけます。

6月
19
ユメジ・ロマン・モード @ 夢二郷土美術館 本館
6月 19 @ 9:00 AM – 5:00 PM

会期:2019年6月11日(火)~2019年8月24日(土)

(8月6日(火)~8月18日(日)は休まず開館)
時代のモード(流行)を映し出すかのように独自の世界観で絵画・デザイン・詩など様々な表現で作品を生み出した竹久夢二(1884-1934)。夢二の描く女性像が明治・大正時代の人々に流行する中、夢二のデザインする日用品や雑誌、書籍は時代に新風を吹かせ、夢二の絵の中の夢二デザインの服装を身にまとった女性は当時の女性の憧れとなりました。女性が活動的になり次第に社会進出していく中で、彼女たちを後押しするかのような夢二の世界観は共感をもって受け入れられていきます。生涯を通して時代を映し出すデザインを生み出し続けたマルチアーティスト竹久夢二の〈ロマン〉と〈モード〉の世界を展観いたします。

夢二生家の夏 @ 夢二生家記念館・少年山荘
6月 19 @ 9:00 AM – 5:00 PM

竹久夢二のふるさと岡山の邑久(おく)(瀬戸内市)にある「夢二生家記念館・少年山荘」は、生誕135年を記念して2019年3月に、岡山市中区の本館とともに周遊し滞在を楽しむ美術館としてリニューアルいたしました。
夢二が生まれ16歳までを過ごした築約250年の生家は茅葺屋根を葺き替え、蔵を改装した展示室では夢二のふるさとをテーマに、季節に合わせて夢二の肉筆作品を展示。企画展「夢二生家の夏」では特別展示《夕涼み》をはじめ、当館所蔵の選りすぐりの作品をゆっくりとご覧いただき、夢二芸術の原点を体感できます。
また、夢二自ら設計したアトリエ兼住居を復元した「少年山荘」では夢二の人生・デザイン・音楽をテーマに作品や遺品、写真などをご紹介、また夢二関連書籍、高精細デジタルアーカイブや体験コーナー、2階では水戸岡鋭治×夢二の「黑の助の部屋」や今に繋がる夢二をお楽しみいただけます。

6月
20
ユメジ・ロマン・モード @ 夢二郷土美術館 本館
6月 20 @ 9:00 AM – 5:00 PM

会期:2019年6月11日(火)~2019年8月24日(土)

(8月6日(火)~8月18日(日)は休まず開館)
時代のモード(流行)を映し出すかのように独自の世界観で絵画・デザイン・詩など様々な表現で作品を生み出した竹久夢二(1884-1934)。夢二の描く女性像が明治・大正時代の人々に流行する中、夢二のデザインする日用品や雑誌、書籍は時代に新風を吹かせ、夢二の絵の中の夢二デザインの服装を身にまとった女性は当時の女性の憧れとなりました。女性が活動的になり次第に社会進出していく中で、彼女たちを後押しするかのような夢二の世界観は共感をもって受け入れられていきます。生涯を通して時代を映し出すデザインを生み出し続けたマルチアーティスト竹久夢二の〈ロマン〉と〈モード〉の世界を展観いたします。

夢二生家の夏 @ 夢二生家記念館・少年山荘
6月 20 @ 9:00 AM – 5:00 PM

竹久夢二のふるさと岡山の邑久(おく)(瀬戸内市)にある「夢二生家記念館・少年山荘」は、生誕135年を記念して2019年3月に、岡山市中区の本館とともに周遊し滞在を楽しむ美術館としてリニューアルいたしました。
夢二が生まれ16歳までを過ごした築約250年の生家は茅葺屋根を葺き替え、蔵を改装した展示室では夢二のふるさとをテーマに、季節に合わせて夢二の肉筆作品を展示。企画展「夢二生家の夏」では特別展示《夕涼み》をはじめ、当館所蔵の選りすぐりの作品をゆっくりとご覧いただき、夢二芸術の原点を体感できます。
また、夢二自ら設計したアトリエ兼住居を復元した「少年山荘」では夢二の人生・デザイン・音楽をテーマに作品や遺品、写真などをご紹介、また夢二関連書籍、高精細デジタルアーカイブや体験コーナー、2階では水戸岡鋭治×夢二の「黑の助の部屋」や今に繋がる夢二をお楽しみいただけます。

訪問
夢美民俗藝術博物館主樓
Yumeji Family House Memorial Shonen Sanso