竹久夢二是‘大正浪漫’中心人物的代名詞,亦是多才多藝的先驅者,以纖細描繪手法人稱日本羅特列克。爲了紀念竹久夢二誕辰100周年,夢二鄉土美術館於1984年(昭和59年)在岡山縣的名勝古跡,後楽園旁邊開設了本館,並且以擁有日本最多的竹久夢二的親手繪製原收藏而引以爲傲。爲了重現夢二活躍的大正時期的建築風格,設計和洋折衷形式的本館在2007年版米其林旅行指南里獲得一星级評價。竹久夢二出生的老家以完整美好建築保存於瀬戸内市邑久町。本館是由展室和咖啡廳具備的「夢二生家記念館」,以及夢二生平唯一親自設計的,紡織出夢二藝術作品的畫室兼住宅的「少年山荘」而構成。
夢美民俗藝術博物館主樓
Yumeji Family House Memorial
Shonen Sanso
展覽和活動
10月
19
「夢二生家の秋」特別展示 加藤 萌 漆芸展-夢二を見ていた猫たち- @ 夢二郷土美術館 夢二生家記念館・少年山荘
10月 19 @ 9:00 AM – 5:00 PM
「夢二生家の秋」特別展示 加藤 萌 漆芸展-夢二を見ていた猫たち-
開催期間:2021年9月14日(火)~2021年12月12日(日)
会場:夢二生家記念館、少年山荘
漆という素材を用いて動物などを表現する岡山県新見市在住の漆芸作家加藤萌による作品を夢二が過ごした茅葺の生家や少年山荘に展示します。あたかも夢二と対峙していたかのような作品がその空間において時間を超えてインスピレーションとライブ感をもたらします。
「作家イベント」
講師:加藤萌氏(漆芸作家)
加藤萌プロフィール
埼玉県川口市出身、岡山県新見市在住。東京藝術大学美術研究科漆芸専攻修了。2020年国際漆展・石川2020アート部門銀賞受賞など数々の賞を受賞。「対話」を作品作りの根底のテーマとし、動物たちと対峙する緊張感を漆の一層ごとに閉じ込めたような作品は独特の世界観を持ちます。
・ギャラリートーク
2021年10月23日(土)14:00~14:20
・ワークショップ「漆でブローチを作ろう」
日時:2021年11月7日(日)
[1回目]10:00~12:00[2回目]14:00~16:00
定員:各回6名(要予約)小学4年生以上(小学生は保護者同伴)
場所:少年山荘
参加費:3,500円(別途要入館料)※完成品の発送料が別途かかります。
※漆を使うため、肌がかぶれる可能性があることをご了承ください。作業しやすい格好でお越しください。ブローチは後日のお渡しとなります。
お申込み先:夢二生家記念館 TEL:0869-22-0622 
              FAX:0869-24-8003
※上記イベント等は状況により変更の可能性がございます。
 あらかじめご了承ください。
※エネルギア文化・スポーツ財団助成事業
夢二生家の秋 @ 夢二生家記念館・少年山荘
10月 19 @ 9:00 AM – 5:00 PM

会期 2021年9月14日(火)~2021年12月12日(日)
開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)
入館料 大人600円、中高大学生250円、小学生200円

本館 いろ◆色◆夢二 @ 夢二郷土美術館
10月 19 @ 9:00 AM – 5:00 PM

会期 2021年9月7日(火)~2021年12月5日(日)
開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)
入館料 大人800円、中高大学生400円、小学生300円

第11回「こども夢二新聞」作品展示 @ 夢二郷土美術館 本館・別館
10月 19 @ 9:00 AM – 5:00 PM
10月9日(土)~10月24日(日)
「こども夢二新聞」にご応募いただいた作品の中から優秀な作品を展示します。
展示場所:夢二郷土美術館 本館 第一展示室
     夢二生家記念館(夢二郷土美術館 別館)
※上記イベントは状況により変更の可能性がございます。あらかじめご了承ください。
10月
20
「夢二生家の秋」特別展示 加藤 萌 漆芸展-夢二を見ていた猫たち- @ 夢二郷土美術館 夢二生家記念館・少年山荘
10月 20 @ 9:00 AM – 5:00 PM
「夢二生家の秋」特別展示 加藤 萌 漆芸展-夢二を見ていた猫たち-
開催期間:2021年9月14日(火)~2021年12月12日(日)
会場:夢二生家記念館、少年山荘
漆という素材を用いて動物などを表現する岡山県新見市在住の漆芸作家加藤萌による作品を夢二が過ごした茅葺の生家や少年山荘に展示します。あたかも夢二と対峙していたかのような作品がその空間において時間を超えてインスピレーションとライブ感をもたらします。
「作家イベント」
講師:加藤萌氏(漆芸作家)
加藤萌プロフィール
埼玉県川口市出身、岡山県新見市在住。東京藝術大学美術研究科漆芸専攻修了。2020年国際漆展・石川2020アート部門銀賞受賞など数々の賞を受賞。「対話」を作品作りの根底のテーマとし、動物たちと対峙する緊張感を漆の一層ごとに閉じ込めたような作品は独特の世界観を持ちます。
・ギャラリートーク
2021年10月23日(土)14:00~14:20
・ワークショップ「漆でブローチを作ろう」
日時:2021年11月7日(日)
[1回目]10:00~12:00[2回目]14:00~16:00
定員:各回6名(要予約)小学4年生以上(小学生は保護者同伴)
場所:少年山荘
参加費:3,500円(別途要入館料)※完成品の発送料が別途かかります。
※漆を使うため、肌がかぶれる可能性があることをご了承ください。作業しやすい格好でお越しください。ブローチは後日のお渡しとなります。
お申込み先:夢二生家記念館 TEL:0869-22-0622 
              FAX:0869-24-8003
※上記イベント等は状況により変更の可能性がございます。
 あらかじめご了承ください。
※エネルギア文化・スポーツ財団助成事業
夢二生家の秋 @ 夢二生家記念館・少年山荘
10月 20 @ 9:00 AM – 5:00 PM

会期 2021年9月14日(火)~2021年12月12日(日)
開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)
入館料 大人600円、中高大学生250円、小学生200円

本館 いろ◆色◆夢二 @ 夢二郷土美術館
10月 20 @ 9:00 AM – 5:00 PM

会期 2021年9月7日(火)~2021年12月5日(日)
開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)
入館料 大人800円、中高大学生400円、小学生300円

第11回「こども夢二新聞」作品展示 @ 夢二郷土美術館 本館・別館
10月 20 @ 9:00 AM – 5:00 PM
10月9日(土)~10月24日(日)
「こども夢二新聞」にご応募いただいた作品の中から優秀な作品を展示します。
展示場所:夢二郷土美術館 本館 第一展示室
     夢二生家記念館(夢二郷土美術館 別館)
※上記イベントは状況により変更の可能性がございます。あらかじめご了承ください。
10月
21
「夢二生家の秋」特別展示 加藤 萌 漆芸展-夢二を見ていた猫たち- @ 夢二郷土美術館 夢二生家記念館・少年山荘
10月 21 @ 9:00 AM – 5:00 PM
「夢二生家の秋」特別展示 加藤 萌 漆芸展-夢二を見ていた猫たち-
開催期間:2021年9月14日(火)~2021年12月12日(日)
会場:夢二生家記念館、少年山荘
漆という素材を用いて動物などを表現する岡山県新見市在住の漆芸作家加藤萌による作品を夢二が過ごした茅葺の生家や少年山荘に展示します。あたかも夢二と対峙していたかのような作品がその空間において時間を超えてインスピレーションとライブ感をもたらします。
「作家イベント」
講師:加藤萌氏(漆芸作家)
加藤萌プロフィール
埼玉県川口市出身、岡山県新見市在住。東京藝術大学美術研究科漆芸専攻修了。2020年国際漆展・石川2020アート部門銀賞受賞など数々の賞を受賞。「対話」を作品作りの根底のテーマとし、動物たちと対峙する緊張感を漆の一層ごとに閉じ込めたような作品は独特の世界観を持ちます。
・ギャラリートーク
2021年10月23日(土)14:00~14:20
・ワークショップ「漆でブローチを作ろう」
日時:2021年11月7日(日)
[1回目]10:00~12:00[2回目]14:00~16:00
定員:各回6名(要予約)小学4年生以上(小学生は保護者同伴)
場所:少年山荘
参加費:3,500円(別途要入館料)※完成品の発送料が別途かかります。
※漆を使うため、肌がかぶれる可能性があることをご了承ください。作業しやすい格好でお越しください。ブローチは後日のお渡しとなります。
お申込み先:夢二生家記念館 TEL:0869-22-0622 
              FAX:0869-24-8003
※上記イベント等は状況により変更の可能性がございます。
 あらかじめご了承ください。
※エネルギア文化・スポーツ財団助成事業
夢二生家の秋 @ 夢二生家記念館・少年山荘
10月 21 @ 9:00 AM – 5:00 PM

会期 2021年9月14日(火)~2021年12月12日(日)
開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)
入館料 大人600円、中高大学生250円、小学生200円

訪問
夢美民俗藝術博物館主樓
Yumeji Family House Memorial Shonen Sanso