施設概要

夢二郷土美術館 本館最新の企画展はこちら

夢二郷土美術館本館は、岡山の名所、後楽園近くに1984(昭和59)年竹久夢二生誕100年を記念して開館しました。一部は白壁になまこ壁、一部は赤レンガ造り、三角の屋根の上には風見鶏がたつ和洋の調和が魅力的な本館の建物は、夢二が活躍した大正時代の風情を伝えています。

ここ本館には、夢二の描いた、掛け軸、屏風、版画、油彩画、水彩画、スケッチや、夢二が書いた本やデザインした本・楽譜の表紙、手紙など、作品と資料あわせて約3000点を収蔵しています。本館では、約100点の夢二の作品を常設展示で、夢二の作品や幅広い作家活動を紹介しています。あわせて年に数回、様々な興味深いテーマで、夢二芸術の魅力を紹介する企画展示も行っています。

2007年、本館はミシュランのガイドブックで一ツ星にランクされました。また2014(平成26)年、夢二生誕130年の記念行事を行っています。

住所
〒703-8256
岡山県岡山市中区浜2丁目1-32アクセスはこちらをご覧ください
TEL
(086)271-1000
FAX
(086)271-1730
MAIL
info@yumeji-art-museum.com

夢二生家・少年山荘(夢二郷土美術館分館)最新の催しはこちら

夢二郷土美術館分館は、夢二が生まれた生家の建物、夢二が東京に建てたアトリエ(再現)を、夢二芸術を育んだふるさとの自然とともに楽しんでいただけます。岡山県瀬戸内市にあり、岡山市内の夢二郷土美術館 本館からは車で約30分の距離です。分館(夢二生家・少年山荘)は共通券です。

夢二生家(ゆめじせいか)

夢二生家は、竹久夢二が生まれ、16歳までを過ごした家です。現代では珍しくなった茅葺き屋根の伝統的な日本家屋は、約250年前に建てられました。夢二の子ども部屋や、建物や庭など外観も夢二の生前そのままに保存し、公開しています。夢二生家内でも、夢二の掛け軸や屏風、スケッチなどの作品の展示を行っています。 夢二生家入口には有島生馬氏が記した「竹久夢二ここに生る」の碑がみなさんをお迎えします。

少年山荘(しょうねんさんそう)

少年山荘は、竹久夢二が自らデザインを手がけた洋風建築を、夢二生誕95年を記念し、1979(昭和54)年夢二の次男、不二彦氏の協力で復元したものです。
1924(大正13)年、夢二は東京にアトリエ付き住居を建てました。少年山荘の名前は、中国の「酔眠」という漢詩の中の一節から、少年の日のように春の長い一日を過ごしたい、との願いを込め夢二が名付けました。

建物の周りにはサンキライやクヌギなど、少年山荘の周りに夢二が植えた木々も育っています。雑木林の中の「少年山荘」での夢二の暮らしの風情を感じながら、建物の中では、夢二生前の写真などを展示しています。

住所
〒701-4214
岡山県瀬戸内市邑久町本庄アクセスはこちらをご覧ください
TEL
(0869)22-0622
MAIL
info@yumeji-art-museum.com