Surnommé le Lautrec japonais en raison de ses représentations pleines de délicatesse, Yuméji Takehisa a été un précurseur de multiples artistes en tant que fondateur du « Romantisme de Taisho ». Le Musée d’Art Yuméji, dont le bâtiment principal se situe à côté du célèbre parc d’Okayama « Koraku-en », a ouvert ses portes en 1984 pour commémorer le centenaire de la naissance de Yuméji Takehisa. Il peut se targuer de conserver le plus important nombre d’œuvres de la main de l’artiste. Grâce à son architecture qui fusionne harmonieusement Orient et Occident en transmettant le charme de l’ère Taisho durant laquelle Yuméji a été actif, l’attrayant bâtiment du musée a obtenu une étoile dans l’édition 2007 du Guide de voyage Michelin. Le Musée d’Art Yuméji se compose d’un bâtiment principal et d’une branche située à Oku-cho dans la ville de Setouchi-shi. Cette branche comprend, d’une part, le « Mémorial de la Maison natale Yuméji Takehisa », la maison conservée intacte dans laquelle est né l’artiste et qui abrite une salle d’exposition de même qu’un café. D’autre part, on y trouve également le « Syonén Sansoü », la reproduction du seul bâtiment dessiné par Yuméji le long de sa carrière et qui lui a servi de demeure et d’atelier dans lequel il a élaboré son art.
Bâtiment principal du musée d'art populaire de Yumeji
Mémorial de la famille Yumeji
Shonen Sanso
Expositions et événements
6月
16
ユメジ・ロマン・モード @ 夢二郷土美術館 本館
6月 16 @ 9:00 AM – 5:00 PM

会期:2019年6月11日(火)~2019年8月24日(土)

(8月6日(火)~8月18日(日)は休まず開館)
時代のモード(流行)を映し出すかのように独自の世界観で絵画・デザイン・詩など様々な表現で作品を生み出した竹久夢二(1884-1934)。夢二の描く女性像が明治・大正時代の人々に流行する中、夢二のデザインする日用品や雑誌、書籍は時代に新風を吹かせ、夢二の絵の中の夢二デザインの服装を身にまとった女性は当時の女性の憧れとなりました。女性が活動的になり次第に社会進出していく中で、彼女たちを後押しするかのような夢二の世界観は共感をもって受け入れられていきます。生涯を通して時代を映し出すデザインを生み出し続けたマルチアーティスト竹久夢二の〈ロマン〉と〈モード〉の世界を展観いたします。

夢二生家の春 @ 夢二生家記念館・少年山荘
6月 16 @ 9:00 AM – 5:00 PM

リニューアルオープン記念展「夢二生家の春」

竹久夢二生誕の地・邑久(おく)(瀬戸内市邑久町)にある夢二生家は、夢二が生まれ16歳までを過ごした200年以上経つ茅葺屋根の家をそのままに保存し、公開しています。蔵を改装した展示室では季節に合わせて当館所蔵の夢二の肉筆作品を展示しており、企画展「夢二生家の春」ではリニューアルオープンを記念して「ふるさと」をテーマに夢二こども絵の代表作《童子》、歴史学者の磯田道史氏より夢二郷土美術館に寄託された《少年の図》を特別公開いたします。
「ユメジ・ロマン・モード」ギャラリートーク @ 夢二郷土美術館 本館 展示室
6月 16 @ 2:00 PM – 2:20 PM
gallerytalk

企画展担当学芸員による作品解説です。

事前申込み不要です。どなたでもご参加ください。

参加費:無料(※要入館料)※ゆめびぃ会員は無料です。

6月
17
休館日
6月 17 全日
6月
18
ユメジ・ロマン・モード @ 夢二郷土美術館 本館
6月 18 @ 9:00 AM – 5:00 PM

会期:2019年6月11日(火)~2019年8月24日(土)

(8月6日(火)~8月18日(日)は休まず開館)
時代のモード(流行)を映し出すかのように独自の世界観で絵画・デザイン・詩など様々な表現で作品を生み出した竹久夢二(1884-1934)。夢二の描く女性像が明治・大正時代の人々に流行する中、夢二のデザインする日用品や雑誌、書籍は時代に新風を吹かせ、夢二の絵の中の夢二デザインの服装を身にまとった女性は当時の女性の憧れとなりました。女性が活動的になり次第に社会進出していく中で、彼女たちを後押しするかのような夢二の世界観は共感をもって受け入れられていきます。生涯を通して時代を映し出すデザインを生み出し続けたマルチアーティスト竹久夢二の〈ロマン〉と〈モード〉の世界を展観いたします。

夢二生家の夏 @ 夢二生家記念館・少年山荘
6月 18 @ 9:00 AM – 5:00 PM

竹久夢二のふるさと岡山の邑久(おく)(瀬戸内市)にある「夢二生家記念館・少年山荘」は、生誕135年を記念して2019年3月に、岡山市中区の本館とともに周遊し滞在を楽しむ美術館としてリニューアルいたしました。
夢二が生まれ16歳までを過ごした築約250年の生家は茅葺屋根を葺き替え、蔵を改装した展示室では夢二のふるさとをテーマに、季節に合わせて夢二の肉筆作品を展示。企画展「夢二生家の夏」では特別展示《夕涼み》をはじめ、当館所蔵の選りすぐりの作品をゆっくりとご覧いただき、夢二芸術の原点を体感できます。
また、夢二自ら設計したアトリエ兼住居を復元した「少年山荘」では夢二の人生・デザイン・音楽をテーマに作品や遺品、写真などをご紹介、また夢二関連書籍、高精細デジタルアーカイブや体験コーナー、2階では水戸岡鋭治×夢二の「黑の助の部屋」や今に繋がる夢二をお楽しみいただけます。

6月
19
ユメジ・ロマン・モード @ 夢二郷土美術館 本館
6月 19 @ 9:00 AM – 5:00 PM

会期:2019年6月11日(火)~2019年8月24日(土)

(8月6日(火)~8月18日(日)は休まず開館)
時代のモード(流行)を映し出すかのように独自の世界観で絵画・デザイン・詩など様々な表現で作品を生み出した竹久夢二(1884-1934)。夢二の描く女性像が明治・大正時代の人々に流行する中、夢二のデザインする日用品や雑誌、書籍は時代に新風を吹かせ、夢二の絵の中の夢二デザインの服装を身にまとった女性は当時の女性の憧れとなりました。女性が活動的になり次第に社会進出していく中で、彼女たちを後押しするかのような夢二の世界観は共感をもって受け入れられていきます。生涯を通して時代を映し出すデザインを生み出し続けたマルチアーティスト竹久夢二の〈ロマン〉と〈モード〉の世界を展観いたします。

夢二生家の夏 @ 夢二生家記念館・少年山荘
6月 19 @ 9:00 AM – 5:00 PM

竹久夢二のふるさと岡山の邑久(おく)(瀬戸内市)にある「夢二生家記念館・少年山荘」は、生誕135年を記念して2019年3月に、岡山市中区の本館とともに周遊し滞在を楽しむ美術館としてリニューアルいたしました。
夢二が生まれ16歳までを過ごした築約250年の生家は茅葺屋根を葺き替え、蔵を改装した展示室では夢二のふるさとをテーマに、季節に合わせて夢二の肉筆作品を展示。企画展「夢二生家の夏」では特別展示《夕涼み》をはじめ、当館所蔵の選りすぐりの作品をゆっくりとご覧いただき、夢二芸術の原点を体感できます。
また、夢二自ら設計したアトリエ兼住居を復元した「少年山荘」では夢二の人生・デザイン・音楽をテーマに作品や遺品、写真などをご紹介、また夢二関連書籍、高精細デジタルアーカイブや体験コーナー、2階では水戸岡鋭治×夢二の「黑の助の部屋」や今に繋がる夢二をお楽しみいただけます。

6月
20
ユメジ・ロマン・モード @ 夢二郷土美術館 本館
6月 20 @ 9:00 AM – 5:00 PM

会期:2019年6月11日(火)~2019年8月24日(土)

(8月6日(火)~8月18日(日)は休まず開館)
時代のモード(流行)を映し出すかのように独自の世界観で絵画・デザイン・詩など様々な表現で作品を生み出した竹久夢二(1884-1934)。夢二の描く女性像が明治・大正時代の人々に流行する中、夢二のデザインする日用品や雑誌、書籍は時代に新風を吹かせ、夢二の絵の中の夢二デザインの服装を身にまとった女性は当時の女性の憧れとなりました。女性が活動的になり次第に社会進出していく中で、彼女たちを後押しするかのような夢二の世界観は共感をもって受け入れられていきます。生涯を通して時代を映し出すデザインを生み出し続けたマルチアーティスト竹久夢二の〈ロマン〉と〈モード〉の世界を展観いたします。

夢二生家の夏 @ 夢二生家記念館・少年山荘
6月 20 @ 9:00 AM – 5:00 PM

竹久夢二のふるさと岡山の邑久(おく)(瀬戸内市)にある「夢二生家記念館・少年山荘」は、生誕135年を記念して2019年3月に、岡山市中区の本館とともに周遊し滞在を楽しむ美術館としてリニューアルいたしました。
夢二が生まれ16歳までを過ごした築約250年の生家は茅葺屋根を葺き替え、蔵を改装した展示室では夢二のふるさとをテーマに、季節に合わせて夢二の肉筆作品を展示。企画展「夢二生家の夏」では特別展示《夕涼み》をはじめ、当館所蔵の選りすぐりの作品をゆっくりとご覧いただき、夢二芸術の原点を体感できます。
また、夢二自ら設計したアトリエ兼住居を復元した「少年山荘」では夢二の人生・デザイン・音楽をテーマに作品や遺品、写真などをご紹介、また夢二関連書籍、高精細デジタルアーカイブや体験コーナー、2階では水戸岡鋭治×夢二の「黑の助の部屋」や今に繋がる夢二をお楽しみいただけます。

Accès
Bâtiment principal du musée d'art populaire de Yumeji
Mémorial de la famille Yumeji Shonen Sanso