本館企画展

2018年 本館 春の企画展「ノスタルジア」

企画展「ノスタルジア」
2018年3月21日(水)~2018年6月24日(日)


◆開館時間= 9:00~17:00※初日3月21日(水)は10:00~17:00
◆休館日 =月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)。ゴールデンウィーク中4月24日(火)~5月6日(日)は休まず開館
【入館料】
大人:800円 中高大学生:400円 小学生:300円
【割引】
団体割引:20名以上で2割引
岡山県内の65才以上の方:証明できるもののご提示で1割引

ノスタルジアをテーマに心の詩を描き続けた画家・竹久夢二(1884-1934)の世界をご紹介いたします。

竹久夢二は数え年で16歳までをふるさと岡山で過ごし、郷愁の画家とも称されています。その作品にはふるさとの情景、また失われゆく日本情緒、ほろびゆくものへの想いなどが表現されており、自身の著書やデザインの中にも見ることができます。

このたび、歴史学者の磯田道史氏愛蔵の竹久夢二作品《少年の図》を特別公開し、大正ロマンただよう肉筆作品を中心に、雑誌、楽譜などもあわせて展観いたします。



(クリックでpdfが開きます)


【イベントのお知らせ】

特別ギャラリートーク

2018年3月21日(水・祝)10:30~10:50
講師:磯田道史氏(歴史学者、国際日本文化研究センター准教授)
申込み:不要。どなたでもご参加ください。
参加費:無料(※要入館料)

学芸員によるギャラリートーク

2018年4月7日(土)14:00~14:20
講師:当館館長代理・小嶋ひろみ
申込み:不要。どなたでもご参加ください。
参加費:無料(※要入館料)

夜の特別鑑賞会「宵の夢二 解説つきプレミアムツアー」

5月4日(金・祝)17:00~18:00
申込み:前日までに要予約。※最少催行人数5名
参加費:一般1300円、中高大学生900円、小学生800円

ワークショップ「夢二の椿を古裂でつくろう」

5月12日(土)①11:00~12:30 ②14:00~15:30
講師:岡洋子氏
定員:各回15名(申込受付順)
参加費:2,000円 (※入館料、材料費込。「art café 夢二」でこだわりの紅茶付き。)