第8回「こども夢二新聞」募集のお知らせ(9月16日締切)

第8回目となる「こども夢二新聞」を募集します。
岡山県出身で、大正時代を代表する詩人画家、デザイナーなどとしても活躍した「竹久夢二」や「夢二郷土美術館」をテーマとした新聞を作ってみませんか?

【こども夢二新聞について(過去の入賞作品もこちらでご覧いただけます)】

2017年館長賞

1、応募してくださった全員に参加賞をプレゼント!!

2、優秀な作品は美術館で展示し、賞状と賞品を授与します!

3、そして、来年の夢二郷土美術館「こども学芸員」に参加できます!

▶こども学芸員とは?

同じ岡山出身の「竹久夢二」について自由な発想で新聞を作ってください。たくさんのご応募お待ちしています。

締め切り2018年9月16日(日)

対象:小学生~大学生

応募方法:A3タテ用紙に自由に新聞を作成してください。
裏に、名前、住所、電話番号、学校名、学年を記入し、夢二郷土美術館本館まで郵送またはお持ちください。

※原則、応募作品は返却しません。
※入賞された方のお名前・学校名・学年は当館ブログや新聞等に掲載されますのでご了承ください。

 

新聞づくりのヒントになるイベント開催!

どちらも参加は無料です。新聞づくりのことや竹久夢二について学んでみませんか?夏休みの自由研究にも!

「こども夢二新聞」関連イベント 新聞づくり教室】

7月28日(土)10:00~12:00

新聞記者の方から新聞づくりのひけつを教えていただきます。(こどものみの参加も可。)

[申込み]
対象:小学生~大学生までの「こども夢二新聞」に応募してくださる方
定員:30名(申込受付順)
参加費:無料(本人と付添の方1名まで)

「こども夢二新聞」関連イベント 夢二バスで行くこども記者バスツアー】

7月29日(日)13:00~17:00

夢二芸術の原点である瀬戸内市の生家などを巡る取材バスツアーです。美術館の学芸員が詳しく解説します。(中学生以下は保護者の付添が必要です。)

[申込み]
対象:小学生~大学生までの「こども夢二新聞」に応募してくださる方
定員:親子20組(申込受付順・子どものみの参加は不可)
参加費:無料(本人と付添の方1名まで)

すべてのお申込、お問い合わせ、作品の応募は夢二郷土美術館本館まで。
〒703-8256 岡山市中区浜2-1-32
Tel:086-271-1000 / Fax:086-271-1730/ E-Mail:yumeji@gaea.ocn.ne.jp

後援:岡山県、岡山市、瀬戸内市、岡山県教育委員会、岡山市教育委員会、瀬戸内市教育委員会
協力:山陽新聞社、両備グループ