范曽美術館特別開館のお知らせ(2018年2月16日~18日)

范曽は人物画の鬼才と称され、詩・書・画に優れた三絶の画家として東洋の至宝と世界的に高い評価を受ける中国人画家です。范曽美術館はその随一のまとまったコレクションを所蔵し、年に3日間限定で公開しており、「幻の美術館」と称されています。

范曽《八仙図》

范曽美術館は毎年2月第3土曜日に開催される西大寺会陽にあわせて、この時期にのみ期間限定で特別開館しています。貴重な機会にぜひご来館ください。

范曽美術館についてはこちらもご覧ください
范曽美術館 | 夢⼆郷⼟美術館 Yumeji Art Museum

図録「范曽美術館所蔵 范曽名品集「范曽」|夢二郷土美術館ミュージアムショップ
范曽金銀クリアファイル「八仙図」|夢二郷土美術館ミュージアムショップ
范曽金銀クリアファイル「竹林七賢図」|夢二郷土美術館ミュージアムショップ

范曽美術館(公益財団法人 両備文化振興財団)

2018年2月16日(金)〜18日(日) 3日間限定特別公開
開館時間:10:00~16:00(入館は15:30まで)
入館料:大人1,000円、学生(高校生以上)500円、中学生以下無料

【割引】
・こどもと一緒割引(中学生以下のお子様と来館された大人の方 1名様)2割引
・たまルンカードの提示で会員ご本人様 2割引
・ゆめびぃ会員 2割引

住所:岡山市東区西大寺上1丁目(両備バス西大寺バスセンター2階)
アクセス:バス/岡山駅から両備バス「西大寺」行きで「西大寺バスセンター」下車(所要時間約35分)。
※駐車場はございません。会陽開催中で付近の駐車場も込み合いますので、公共交通機関をご利用ください。

お問合せ先:夢二郷土美術館 TEL:(086)271-1000(岡山市中区浜2丁目1-32)※カーナビ設定ではこちらの住所を使わないでください。