【夢二生誕記念日ワークショップ】分館催しご報告

9月16日、夢二生家・少年山荘(夢二郷土美術館分館)では、竹久夢二生誕記念日としてワークショップを開催いたしました。

ワークショップは2講座、どちらも手作りを楽しむ内容です。

前半は「くらしの中で楽しむ折り紙」。

午前中に開催いたしました。

ご家族で参加されたお客様は、夢二の『いちご』や『つる草』などの可愛い柄の折り紙を楽しそうに選ばれていました。

無事に花かごが完成したときの、小さなお子様の「私が作ったんだよ、見て」という笑顔はとても印象的でした。

 

午後の部は「ちりめん細工で夢二の思い出の椿をつくろう」でした。

夢二の母の里には椿の木が植えてあったそうで、夢二は作品の中に、たびたび椿を登場させています。

そんな夢二の思い出の椿をちりめんで縫いました。

とても可愛らしい椿が出来上がりました。

またこの日はご来館の皆様に「恋みくじ」という夢二の恋に関する言葉が記されたカードをお配りしました。

ご来館の皆様には夢二の生まれ育った家、ふるさとで、夢二に思いをはせる特別なひとときをお過ごしいただけたかと存じます。