第7期こども学芸員任命式のご報告

4月7日(土)に、第7期目となる夢二郷土美術館「こども学芸員」の任命式を行いました。

「こども学芸員」は、夏に開催している夢二新聞の応募者の中から参加を募り、もっと深く竹久夢二や美術などについて学びたい方が参加してくれています。

今年度は11名のこどもたち(小学生~大学生)が参加してくださり、これから1年間で竹久夢二や夢二作品について学び、美術作品の取扱い、鑑賞などの活動も行います。

 

 

 

館長よりご挨拶をさせていただき、任命書と1年間のIDパス、記念品の授与を行いました。このIDの提示でこども学芸員さんはいつでも夢二郷土美術館に入館できます。なんと、今年度は同伴の保護者の方1名に加え、お友だち2名様もご一緒に入館できるという館長からのサプライズプレゼントがありました。

年度末には、各自が選んだ夢二作品の解説文の展示やギャラリートークを開催しますので、それに向けて1年間一緒にがんばっていきたいと思います。

展示室内で活動することもありますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いいたします。