秋の催し「重陽の節句」


平成22年 10月中旬 〜 11月上旬


夢二生家(夢二郷土美術館分館)では、
秋の催しとして「重陽」をご紹介します。

奈良時代に中国から日本へ伝わったとされる「重陽」は、
<五節句>の一つで
菊に長寿を願う別名
「菊の節句」とも呼ばれています。

今年も夢二の生家では、地域の方々が丹誠込めて
育ててくださった美しい菊の花々を飾り、
みなさまをお迎えします。
また、11月3日(水)には人形劇も催します。

夢二を育んだ故郷の秋を、菊の香りとともにお楽しみください。


 


秋の催し「重陽(ちょうよう)の節句」


平成22年 10月中旬 〜 11月上旬



◆開館時間=午前9時 〜 午後5時(入館は、午後4時30分まで)

◆休館日=月曜日(祝日の場合は翌日休館)

◆入館料=大人 500円 (400)/ 中高大学生 250円(200) / 小学生 200円(180)
 ※( )内は20名以上の団体料金

>>> 夢二生家へのアクセスは こちら

 

- – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - -

 


☆☆☆ イベントのご案内 ☆☆☆



〜 人 形 劇 〜


【開催日】 11月3日(水・祝日)


【時 間】 13:30 〜(45分)


劇団名「星の子きらり・きらら」

演目 「森のげき」「備前長船かじ誕生ものがたり」「誠の人 正富汪洋とたきの」


☆参加は無料です。お誘い合わせのうえ、ご参加ください。


 

- – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - -

 

♪夢二郷土美術館と周辺地域への観光は タクシーのご利用で快適に♪

☆「夢二生家・少年山荘」へのご来館と牛窓周辺の観光に便利です 「夢二タクシー」 

☆夢二郷土美術館 本館・分館 へのご来館と岡山の観光には「夢二観光プラン」