うめ便り ②

 

昨晩よりしんしんと降り続いた雪・・・

 

 

 


 

晴れの国岡山では珍しい雪景色です。

こんなに積もったのは何年ぶりでしょうか・・・

 

梅の木も、

 


 

どっさり雪のお布団が。

いつものんびり春の訪れを知らせてくれる梅の木も、めったにない大雪にびっくり。

 

もしもし、梅さん、気分はいかが?

「つめたいよう、さむいよう、雪が重くてくるしいよう」

雪の白さとつぼみの紅がとってもきれい。

「自慢の枝が折れちゃうよう」

静かに積もる雪・・・すてきな景色です。

「それどころじゃないよう、必死だよう」

 

 

雪が降ると何かと不便で大変ですが、

 


 

どこか少しわくわく。

こんな光景も、雪が珍しい地方だからかもしれませんね。

 

来週は青空とぽかぽかひなたぼっこする梅をお届けできるかな・・・