夢二の宵待草 が ことしも咲きました。


”まてどくらせど…” と、はじまる「宵待草」(よいまちぐさ)。

竹久夢二の作品の中で もっとも有名なものの一つであるこの詩は

夢二のある夏の思い出から生まれた と伝えられています。








今年も宵待草が 黄色の可愛らしい花を揺らしながら

美術館を訪れるお客さまを お迎えする季節となりました。

宵待草は (学名)オオマツヨイグサ のことです。

夢二が宵待草を詩に詠んだことから

現在では 宵待草の名が 広く知られるようになりました。

夏も近い季節となり、夢二の宵待草たちも

元気に みなさまのお越しをおまちしています。

展覧会や、Cafe Matsuka でのティータイムも おすすめの

夢二郷土美術館へ ぜひ お出かけください。