秋の催し「重陽の節句」とイベント「人形劇」のご案内

夢二生家にて、秋の催し「重陽の節句」を開催いたします。



※画像をクリックすると拡大表示されます。

☆開催期間:平成23年10月19日~11月中旬

☆会場:夢二生家

(お問い合わせはtel:0869-22-0622まで)

「重陽」は、五節句の一つで、菊に長寿を願う別名“菊の節句”とも呼ばれており、

夢二は日本の伝統行事を大切にしていました。

例年のように地元の方々が丹精込めて育ててくださった大輪や、ドーム菊などの

美しい花々が生家を華やかに彩り、みなさまをお迎えします。

夢二のふるさとの秋を、菊の花とともにお楽しみください。

 

また、11月3日(木・祝)には人形劇も催します。

■関連イベントのご案内

人形劇(演目「なきむし茂次郎」)

日時:11月3日(木・祝) 13:30~14:30

会場:夢二生家

劇団名:「星の子きらり」(代表 西浦千万太氏)

劇団代表の西浦千万太さん考案のシナリオで、

幼少の頃の優しい夢二をテーマとした、子どもたちによる人形劇です。

今年4月に放映されたNHKの旅番組で練習風景がとりあげられました。

夢二生家では初上演となります。

入館料(一般500円)のみでご参加いただけますので、どうぞお気軽にお越しください。