第28回 文化講座ご報告

風薫る5月15日(日)に、夢二郷土美術館第28回文化講座を開催いたしました。

現在開催中の企画展「大正のかほり~夢二美人の装い」が、

夢二作品を通して大正から昭和にかけての「きものの美」を紹介する内容であることにちなみ、

きもののプロフェッショナルである近藤典博氏と吉井睦美氏のお二人を講師にお招きし、

着物についての講演と実演を披露していただきました。

当日は、当初予定していた定員を大きく越える約60名のお客様にご参加いただき、

たいへん盛況な会となりました。



「きものを学ぶ」と題した近藤典博氏(日本きもの連盟副会長)の講演では、

着物の歴史をはじめとした「知っているようで実はよく知らない」基本的な事柄を、

軽妙洒脱な語り口で分かりやすく紹介していただきました。


また、現代社会における和装を推進する立場から、

「着物を楽しむ」ことが大事としながらも、そのためにはまず着物の基本をおさえ、

TPOに応じた、相手方に失礼のない着物選びをしましょうとのアドバイスがありました。

- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

吉井睦美氏(むつみ京都きもの学院院長)は「今日からあなたも夢二美人」と題し、

ユーモアたっぷりのトークをまじえながら、豊かなアイデアと熟練の技によって、

アンティーク着物を身に着けた当館女性スタッフを

その場で夢二美人に「変身」させる即興のファッションショーをしてくださいました。


スタッフが一人また一人と夢二美人の装いへと変わっていくたび、

会場からは歓声と拍手が起こりました。


※夢二美人に変身後のスタッフ。帯結びが大正時代風になっています。

 

参加されたお客様からは、

「楽しかった。久しぶりに着物に袖を通してみたくなった」

「夏にはぜひ浴衣を着て、また来館したい」

などのご意見を頂戴しており、和装への興味を深める機会としていただけたようです。

 

夢二作品における装いに注目した企画展「大正のかほり~夢二美人の装い」
7月18日(月・祝)まで開催中です。※企画展期間中、きもの姿でお越しの方は入館料2割引です。

- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

【次回の第29回夢二郷土美術館文化講座】

2011年(平成23年)8月6日(土)14時~
「七夕会」

水野智晴氏(朗読塾)をお招きし、夢二が著した童話や詩の読み聞かせをしていただく予定です。

みなさまのご参加をお待ちしています。

お子様連れのお客様も大歓迎です。

- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

※美術館入館料でご参加いただけます。事前予約の方は [ 入館料2割引 ] ゆめびぃ会員は無料です。

☆お申込み・お問合せ先:夢二郷土美術館 本館

【お電話】 086-271-1000

【Eメール】はこちらから。