宵待草がお出迎え


今年も本館玄関先に宵待草が咲き、

お客様をお出迎えしています。


この宵待草を題材に夢二が詠んだ、

まてど 暮らせど 来ぬ人を

宵待草の やるせなさ

今宵は月も 出ぬさうな

という詩はたいへん有名です。

この詩には曲も付けられ、歌謡曲としても人気を博しました。

夢二郷土美術館・本館ではただいま、

企画展「大正のかほり~夢二美人の装い」を開催中です。

5月の連休中、あるいはお散歩のついでに、

黄色い宵待草の花を目印にして

ぜひ夢二郷土美術館・本館までお立寄りください。