カテゴリー : 夢二生家

ロマン写真館-あなたも夢二式の装いにー

 

久夢二生誕130年記念企画として、

夢二美人画のような姿で写真をお撮りします。

 

ロマン写真館

 

●本館(岡山市)

4月26日(土)11:00~15:00

4月27日(日)9:00~15:00

 

●夢二生家(瀬戸内市)

4月28日(月)9:00~15:00

 

撮影後はそのままのお姿でカルチャーゾーンなどの散策をお楽しみいただけます。(16:30まで)

 

※人数限定(お申込み受け付け順)(4/19締切)

参加費:おひとり様20000円※カップルでお越しの男性は10000円

(撮影衣装・小物、ヘアメイク、着付け、8つ切り写真1枚、写真データ3枚入りCD、写真郵送料、当館入館料を含む)

★お申込み★

ロマン写真館 岩田(tel:090-1265-5278 / mail:roman3@live.jp)

 

 

ロマン写真館webサイトhttp://www.roman3.net/

 

夢二生家 春の催し「ひなまつり」ご案内

夢二生家にて、2月26日(水)~4月3日(木)に

春の催しとして「ひなまつり」を開催致します。

.



クリックで大きくなります。.

.

.

去年のひなまつりの様子です。

雛人形を飾り、華やかな空間になりました。↓

.


.

3月2日(日)には、梅こぶ茶のふるまいがございます。

お茶をいただきながら、ゆっくりと流れる時間を感じてみませんか。

お申込みは不要です。

お問合わせは夢二生家(0869-22-0622)まで

.

また夢二生家の軒先では、夢二おもてなし隊により

3月1日(土)11:00くらいから、甘酒のふるまい、

3月2日(日)11:00くらいから、おしるこの販売(100円)がございます。

なくなり次第終了となります。お早めにどうぞ。

1月12日(日)BSフジ『旅するハイビジョン 全国百線鉄道の旅』で夢二生家が紹介されます

BSフジレテレビの番組『旅するハイビジョン 全国百線鉄道の旅』 
.
.
2014年1月12日(日)15:00~16:00
 
第82回「瀬戸内のローカル線 赤穂 日生 備前へ」 で
.
.
.
夢二の生家が紹介されます!
.
.
.
.
.
.
.
.
是非ご覧ください。
..

「夢二生家 重陽の節句」開催中

夢二生家では秋の催し「重陽」を開催しています。

.

秋にちなんだ作品に展示替えも行っています。

.

庭では地元の方が丹精こめて育てられた菊の花が

色鮮やかに飾られています。

.


.


.

また、

11月2日(土)13:30~14:30に

大正琴の演奏会を開催いたします。

曲目は宵待草や、赤とんぼ、里の秋などです。

ステキな演奏に合わせて皆様ご一緒に歌いましょう♪

参加費は無料です。(要入館料)

.

ぜひ夢二の生家までお越しくださいませ。

9/28(土)生家ギターコンサートお知らせ

2013年9月28日(土)14:00~15:00

夢二生家にて、夢二生誕月を記念しギターコンサートを開催致します。

.



.

開場:夢二郷土美術館分館 夢二生家

料金:入館料のみ(大人500円/中高大学生250円/小学生200円)

.

秋の気配を感じながら、

ステキなギターの音色をお楽しみください♪

.

夢二生家 秋の催し「重陽」ご案内

.





.

10月下旬~11月中旬にかけて、

夢二生家にて、秋の催し「重陽」をご紹介いたします。

.

今年も地元の方々のご協力により、

色鮮やかな菊花が生家を彩ります。

.

この時期にしか感じられない夢二の生家をお楽しみください。

.

また11月2日(土)13:30~14:30に

大正琴の演奏会を開催いたします。

曲目は宵待草や、赤とんぼ、里の秋などです。

ステキな演奏に合わせて皆様ご一緒に歌いましょう♪

参加費は無料です。(要入館料)

.

夢二生家で所蔵作品を高精細画像で閲覧できるサービスを開始しました

.

本日、夢二生家にデジタルアーカイブを設置いたしました。


.

夢二郷土美術館所蔵の作品の中で、

代表的な作品を高精細でお楽しみいただけます。

肉眼では見られない細かい筆のタッチなどが、

46インチの画面でご覧いただけます。

.

こちらは生家だけのサービスとなっています。

ぜひお越しください。

.

(このシステムはリョービシステムサービスのiRSブラウザによるものです)

.

夢二生家 夏の催し「七夕」

夢二生家では5節句の催しとして「七夕」を開催致します。



↑クリックで大きくなります。

生家の軒先に七夕飾りをしつらえて、

皆さまの願いを寄せた短冊を吊るしていただきます。

七夕を描いた夢二の作品とともに

昔ながらの夏の楽しみ方を感じてみませんか。

短冊を飾っていただいた方へオリジナル葉書を差し上げます。

.

お問合わせ先

夢二生家 (0869-22-0622)

夢二生家の鯉のぼり

夢二郷土美術館 館長
小嶋光信


知る人ぞ知ることですが、端午の節句前後の夢二生家の前庭では、鯉のぼりが泳いでいます。


鯉のぼりは、夢二生誕120年で夢二の故郷をテーマとした記念展を開催したこともきっかけとなって、日本古来の伝統文化を見直し、また、夢二が少年時代を過ごし、没する直前まで懐かしんだ「故郷」らしさを後世へ伝えていこうと、2006年から夢二生家で節句をテーマとした企画展をスタートしました。


今では付近の5月の節句を祝う風物詩にもなっており、近所の皆さんも夢二生家に鯉のぼりが揚がると、お節句が近いことを感じて下さっているようです。


当初は館員のご家庭などで使って要らなくなった鯉のぼりを皆で持ち寄っての催事でしたので、鯉も大きいもの、小さいもの様々でした。ところが、7年目を迎えた今年、ついにその鯉のぼりがボロボロになってしまい、そこで館員が「徳永こいのぼり」さんへ中古の鯉のぼりがないかご相談したところ、翌日には鯉のぼりが届いたそうです。


それも届いたのが新品の鯉のぼりだったと聞いて、スタッフの厚かましさにびっくりするやら感心するやら、また気前よくご寄贈下さった徳永こいのぼりさんへも申し訳ないやら等々で、是非ともお礼の気持ちを表したいと、夢二生家 春の催し「端午の節句」の開催日である4月14日に鯉のぼりの贈呈式をすることにしました。


徳永こいのぼりさんは日本の鯉のぼりの3割、コンビニなどで売っているミニ鯉のぼりの9割以上を製造されているという、岡山県和気町にある郷土を代表する鯉のぼり屋さんです。鯉のぼりの由来は、江戸時代に武家に男子が生まれた時に家紋入りの武者絵幟などを飾った風習から、町家でも男子が生まれたお祝いと子どもの健康や出世を願って、江戸時代中期頃に裕福な庶民の家庭で始まった習慣のようです。


贈呈式当日は、素晴らしい好天に恵まれて、近所の子ども達や、親御さんたちもお招きして、徳永こいのぼりの永宗黄二社長と子ども達で鯉のぼりを掲揚して、皆で童謡「こいのぼり」を歌って楽しみました。


大正2年6月に発刊された「日本少年 第8巻第7号」に夢二が詠んだ詩歌があります。

「When I was your age」というシリーズの中の一篇で、「端午の節句」の武者絵幟や鯉のぼりの情景ですので、参考にご覧下さい。


紺の被布(はっぴ)のつばくらが 丁と入れたる木の頭(かしら)。

櫻の花も散りぬれば 野はさみどりの幕たれて 夏は五月に入りにけり。

朝空高く旗幟 東の家の門邊には 加藤清正突立てり

西の家には武蔵坊 鍾馗、義経、巴御前

我等を生みし日本の 英雄豪傑雲のごと 鎧の袖をはたはたと

打鳴らしつつ控へけり。

我等も日本男児なり 菖蒲の烏帽子うち冠り 菖蒲の刀落しざし

鹿毛の小馬にまたがりて いざ八幡へ詣でなむ。

― 夢二 ―



2013.04.14

新商品のご案内 ゆめじ和紙てーぷ 「いちご」 「こねこアプリコット」

ゆめじ和紙てーぷに春らしい新柄ができました。

今が旬のおいしいくだもの、

 



「いちご」 です。

夢二のデザインした千代紙をモチーフにした人気の図柄です。

甘さをおさえた少し渋めの色調。

かわいいだけではない、ぴりりとスパイスの効いた大人のいちごです。

 

そして、人気の「こねこ」にも新色が登場です。

 



「アプリコット」です。

春の気分をぐっと盛り上げるビタミンカラー。

うきうき、スキップしてしまいそうな楽しい色。

図柄は同じですが、全く違う雰囲気のてーぷになりました。

 

 

こちらの新柄2種類は、4月2日(火)より夢二郷土美術館本館、生家、オンラインミュージアムショップで販売いたします。

 

ゆめじ和紙てーぷ

「いちご」

てーぷ幅 15mm × 長さ 10m

価格 350円

 

「こねこアプリコット」

てーぷ幅 24mm × 長さ 10m

価格 500円