カテゴリー : 季節のたより

キラキラ☆クリスマス!


窓の外から… キラキラ☆

続きを読む

紅葉がきれい



夢二公園の紅葉が見頃です。

紅葉を見がてら夢二生家にもお越し下さい。

色づく季節


夢二の少年山荘の入口にあるつたが色づいてきました。

続きを読む

深まりゆく秋の生家


夢二生家では、重陽の節句の催しに菊の展示をしています。

続きを読む

秋の催し「重陽の節句」


平成22年 10月中旬 〜 11月上旬


夢二生家(夢二郷土美術館分館)では、
秋の催しとして「重陽」をご紹介します。

奈良時代に中国から日本へ伝わったとされる「重陽」は、
<五節句>の一つで
菊に長寿を願う別名
「菊の節句」とも呼ばれています。

今年も夢二の生家では、地域の方々が丹誠込めて
育ててくださった美しい菊の花々を飾り、
みなさまをお迎えします。
また、11月3日(水)には人形劇も催します。

夢二を育んだ故郷の秋を、菊の香りとともにお楽しみください。

続きを読む

小さい秋みつけた


夢二生家で、

遅めの彼岸花が 咲き始めました。

続きを読む

〜秋の顔〜 宵待草が 咲きはじめました。


まてど 暮らせど 来ぬ人を

宵待草の やるせなさ

今宵は月も 出ぬさうな

〜 竹久夢二 「宵待草」〜

 


夢二の詩でよく知られる宵待草 。

続きを読む

夢二生家の 夏支度。


夢二生家の 夏。

冷やしたラムネやニッキ水、

風鈴の澄んだ音色

香取線香の煙。

懐かしい 日本の夏 あります。

続きを読む

夏の催し 〜 七 夕 〜


夢二生家で 7月4日から

夏の催し 七夕 がはじまります。

金や銀、赤や青色の色紙で飾り付けした七夕の笹が そよそよと揺れる夢二生家の庭先

さて短冊に どんな願いをたくしましょうか?

今年も俳句の募集を 行っています。

みなさんの力作を お待ちしています!

詳しくはこちらから。

夢二の宵待草 が ことしも咲きました。


”まてどくらせど…” と、はじまる「宵待草」(よいまちぐさ)。

竹久夢二の作品の中で もっとも有名なものの一つであるこの詩は

夢二のある夏の思い出から生まれた と伝えられています。

続きを読む