4月5日開催 松田基コレクションを楽しむ「禅と備前焼にふれる桜茶会 於岡山ガーデン」のご案内

岡山ガーデン(旧両備ガーデン)に備前焼体験ができる泥弄屈がリニューアルオープンすることを記念して、松田基コレクション、そして園内の桜を楽しんでいただく禅と備前焼をテーマにしたお茶会が4月5日にございます。

岡山ガーデン(旧両備ガーデン)は松田基が県北から三軒の茅葺き屋根の古民家を移築したふるさと檉園があり、その三軒の古民家の看板には松田と親交のあった妙心寺派官長を務めた山田無文老師の墨跡がのこっています。

今回は夢二郷土美術館本館で3月22日までの松田基コレクションの備前焼展の番外編という初の試みで備前焼を中心に白隠禅師の墨跡や魯山人、半泥子の作品展示もございます。また、特別出品として隠崎隆一先生の作品をインスタレーションを船頭小屋「松露庵」にていたします。

11時から14時までの1時間ごとに備前御家流のお茶席。

お食事は11時から14時まで随時、臼井シェフによる特別精進料理。

15時から曹源寺原田老師による講話。

 

参加費 8.000円。要予約、先着各回20名様

お申込、問い合わせは岡山ガーデン086-297-4798(担当佐古)まで。