こども夢二新聞関連イベント「新聞づくり教室」「取材バスツアー」のご報告

第7回目となる「こども夢二新聞」の関連イベントとして、7月29日(土)に「新聞づくり教室」、7月30日(日)に「夢二バスで行く 取材バスツアー」を開催しました。

「新聞づくり教室」は、新聞記者の方から新聞づくりの秘訣を教えていただきました。

取材の準備、見出しの書き方、写真の選び方などを実例をあげて説明していただき、皆さん熱心にメモを取っていました。また、山陽新聞のさん太号の内部も見学させていただきました。

翌日の「夢二バスでいく 取材バスツアー」は、本館から出発し、一本松展望台、夢二生家、少年山荘、牛窓神社をまわり、夢二ふるさとを見学しました。

当館館長代理・小嶋ひろみより、夢二の生まれ育った地についてお話しし、牛窓神社では宮司様より夢二のエピソードを伺いました。夢二バスの前で記念撮影も行いました。

初めて夢二の生家に来た方も多く、色々な発見があったようです。

2日間それぞれのイベントを通して学んだこと、調べたことを、「こども夢二新聞」としてご応募いただきます。力作の数々が集まることを期待しております。

「こども夢二新聞」募集について

応募いただいた作品は、後日審査の後に表彰式、応募作品展示も開催いたしますので、ご来館の皆様にもご覧いただけます。こどもたちの豊かな感性で書かれた「こども夢二新聞」を、作品展示の際にはどうぞお楽しみください。