【夢二生家・夢二生誕日記念ワークショップ9月18日(月・祝)】「絹ちりめん、折り紙でお庭番のくろねこ・黑の助のマスコットをつくろう

夢二の生誕日(9月16日)を記念して、9月18日(月・祝)に夢二生家では初めてのワークショップを開催いたします。

・「絹ちりめんでお庭番のくろねこ・黑の助をつくろう」

夢二生家で絹ちりめんでお庭番の黒ねこ「黑の助」のマスコットを作ります。どなたでも簡単にかわいくできますので、お気軽にお申込みください。手ぶらで参加できます。

9月18日(月・祝)13:00~15:00

定員:10名(※予約優先、当日参加可)

参加費:800円(別途要入館料)

【申込み:夢二生家(Tel:0869-22-0622)】

 

・「折り紙でお庭番のくろねこ・黑の助のマスコットをつくろう」

夢二のねこにそっくりの、夢二郷土美術館のお庭番「黑の助」を折り紙でつくってみましょう。無料で10:00~12:00まで随時ご参加いただけます。

9月18日(月・祝)10:00~12:00(随時)

定員:なし

参加費:無料(要入館料)

【申込み不要】

 

絹ちりめんのワークショップは人数に限りがありますので、お早めにお申込みください。皆様のご参加をお待ちしております。

☆☆☆

夢二郷土美術館 お庭番 「黑の助」

2016年のもうすぐ竹久夢二の命日(9月1日)というある日、車に轢かれそうになったところを当夢二郷土美術館の職員に救出されてやってきた黒ねこ。まるで夢二の作品から飛び出してきたかのよう。

夢二の長男虹之助(こうのすけ)にちなんで「黑(くろ)の助(すけ)」と名付けられ、夢二郷土美術館のお庭番に就任。黑の助はきまぐれに当館本館の中庭に出勤しています。

黑の助の出勤状況はこちら>>夢二郷土美術館お庭番「黑の助」Instagram