うめ便り①

年が明けて一ヵ月が経ちました。
今年も本館の中庭にあるしだれ梅の様子をお伝えしていきたいと思います。

このしだれ梅の木は、当館の初代館長である松田基が1966年創設の当館を、西大寺からこの地に移転した際(1984年)に西大寺の会陽あと祭りの際に記念に選んだものです。夢二が好んで描いた梅を、皆様に楽しんでいただきたいという想いがこめられています。

かつて、岡山市と西大寺市(現在の岡山市東区)の間を、両備グループの母体である西大寺鐵道が結んでいました。
現在夢二郷土美術館があるのは、その終点である「後楽園駅」の跡地です。創設時は始点である西大寺にありました。

また、現在本館で展示中の、梅が描かれている「早春」は、松田基が最も愛した作品の一つです。

今はまだ蕾ですが、少しずつきれいなピンク色が目立つようになってきました。
これから香り高いしだれ梅の開花の様子を、随時お伝えしていきます。